家族揃って浴衣を着たことがありますか?

夏の代名詞とも言えるのが、夏祭りや花火大会です。

そしてそのようなイベントに、家族そろって浴衣で出かけることができるなら、

きっとこの夏一番の思い出になることでしょう。

 

しかしそんな時に問題となるのが、着付けの方法です。

浴衣の着付けは、特に女性にとっては難しく感じるものです。

それは女性の浴衣の着付けには帯の結び方、必要なグッズなど難解なポイントが多いからです。

今回は、そんな浴衣の着付けの簡単なポイントをご紹介します。

 

女の子の浴衣の着付けから、大人の女性の浴衣の着付けまで詳しく紹介したいと思います。

この記事を読んで、ぜひ今年は家族揃って浴衣でお出かけしましょう!!

 参考記事:

 

スポンサードリンク

 

女の子の浴衣の着付けの仕方

女の子の浴衣の着付けは、いたってシンプルです。

浴衣を羽織り、兵児帯を作るだけなので初めてのママさんでも挑戦できるでしょう。

兵児帯を作る際に、ボリューミーな帯になるように気をつけるとかわいく仕上がりますね。

着付けの仕方の詳細は以下の記事を参考にして下さい!

参考記事:

スポンサードリンク
 

大人の女性の浴衣の着付けの仕方

今度は、大人の女性の浴衣の着付けの方法を順を追って紹介します。


出典 ビエボ(Beable)

 

【1】
まずは襦袢を着ておきます。

 

【2】
浴衣を羽織ります。背縫いが背中の中心にくるように気をつけましょう。

 

【3】
襟先を揃えて持ちます。襟先の20センチの位置をつまんで持ちます。

 

【4】
つまんだまま、もう片方の手で背中の背縫いを持って浴衣を持ち上げましょう。

 

【6】
襟先と背縫いを持ったまま、裾の高さを決めていきます。

くるぶしの位置くらいにくるように浴衣を持ち上げましょう。

 

【6】
上前=浴衣の外側になる部分の位置を決めます。

上前になるのは、左側の部分です。

左側の部分を持って右脇にあわせ、体に沿わせます。

 

【7】
わきを締め、幅がずれないようにしながら、今度は下前=浴衣の内側になる部分を決めます。

 

【8】
上前幅をずらさないように、上前を広げて下前を脇に入れ込みます。

 

【9】
浴衣が腰に沿うようにぴったりとくっつけて、左ひじで押さえておきます。

 

【10】
上前を下前にかぶせます。少しナナメに引き上げ、右手で押さえます。

 

【11】
左手で腰紐を持ち、ウエストの位置で締めます。

後ろに回して交差させて、前に持ってきたらぎゅっと結びます。

 

【12】
左右の脇の開いた部分から手を入れて、おはしょりの形を整えます。

 

【13】
両襟を揃えて持ち、反対側の手で背縫いを持ちます。

首元の開きを調節するために前後に動かします。

こぶし横ひとつ分開けましょう。

 

【14】
胸下に胸紐をあてます。

後ろで胸紐を交差させて、前に持ってきて結びます。

 

【15】
後ろのシワをとります。

胸紐の下のたるみも取りましょう。これで完成です!

 

参考記事:

スポンサードリンク
 

帯の結び方


出典 anecan

 

【1】
帯の一方を40センチくらい半分に折って右肩に上げておきます。

 

【2】
後ろから帯を回します。体に沿わせながら一周巻きます。

 

【3】
巻き終わりの部分を斜め内側に折り上げます。

 

【4】
長いほうに短いほうをくぐらせ、固く結びます。

 

【5】
短いほうを上に上げておきます。

長いほうの帯を結び目の40センチ手前くらいまで半分に折ります。

20センチくらいの位置で折り返します。

 

【6】
短いほうをその上から巻きつけ、右側から左側に引き抜きます。

 

【7】
強く結び上げます。

 

【8】
長いほうの帯をくぐらせます。

帯が長い場合は、再度くぐらせましょう。

 

【9】
長いほうの帯が同じ長さになるように調節します。

綺麗にリボン型になれば完成です。

 

【10】
帯の下と、帯の結び目とを手で持ちます。

帯を時計まわりに回しながら結び目を後ろに持っていきます。

 

浴衣のしわをとり、整えたならば完成です。

必要な場合は帯板を入れましょう。

今年の夏こそ、大人の女性のたしなみとして浴衣を1人で着こなしてみてはいかがですか?

参考記事: