浴衣を男性が1人で着るなんて、不可能だ!

そんな風に思っていませんか?

実は、男性の浴衣もコツさえ掴んでしまえば簡単に着こなすことができます。

多くの男性が難関と感じているのは、「帯の結び方」です。

ですが男性の浴衣の帯は細く扱いが簡単なので、

練習すればすぐに1人で結べるようになるでしょう。

今回は男性が1人でもできる帯の結び方をご紹介します。

動画つきなので、ゆっくりと練習してみましょう。

参考記事:

スポンサードリンク

 

貝の口結び

まずは、一番定番の貝の口結びをマスターしましょう。

 

出典 ryutube51

【1】
帯の端から肩幅くらいの長さの位置で、半分に折ります。

 

【2】
折れているほうを下側にして、左の腰から帯を巻き始めます。

 

【3】
巻いて、引き締めて、巻いて、引き締めて、と繰り返しながら3周巻きます。

 

【4】
巻き終わったら、巻いているほうの端を内側に折りこんでいきます。

 

【5】
折りこむときに、最初に反対側よりも3~4センチ長くなるようにしましょう。

 

【6】
一回結びます。

 

【7】
折った側を垂らし、左に引き上げます。反対側を差し込んで締め上げます。

 

【8】
帯の形を整え、後ろに回して完成です。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

浪人結び

浪人結びを覚えておくと、粋に浴衣を着こなすことができます。


出典 ryutube51

【1】
肩幅くらいの位置で、帯の端から半分に折ります。

 

【2】
折った側を左腰に沿わせ、15センチくらい奥に送ります。

 

【3】
巻いて、引き締めて、巻いて、引き締めて、と繰り返しながら3周巻きます。

 

【4】
3周巻き終わったら、巻いているほうを内側に折りこみます。

 

【5】
折こむときに、最初に残していた側と同じ長さになるようにしましょう。

 

【6】
残していた側が上にくるように結びます。

 

【7】
外側の帯の間に差し込みます。

 

【8】
反対側を引っ張り、形を整えます。

 

【9】
後ろに回して完成です。

参考記事:

スポンサードリンク
 

片わな結び

少し人とは違う着こなしがしたい!!

そんなオシャレなあなたには、「片わな結び」がおすすめです。


出典 ryutube51

 

【1】
帯の片方を持ち、肩幅くらいまで半分に折ります。

 

【2】
半分に折った側を左の腰に沿わせます。

 

【3】
左の腰から20センチほど奥に送ります。

 

【4】
左腰から帯を巻き始めます。

 

【5】
巻いて、引き締めて、巻いて、引き締めて、と繰り返しながら3周巻きます。

 

【6】
巻き終わったら、巻いている側も半分に折ります。

 

【7】
残しておいた側が上に、巻いている側が下になるように締めます。

 

【8】
巻いている側を左に一回、右に一回折って長さを整えます。

 

【9】
締めた部分の下から上に締め上げます。

 

【10】
あまった部分を帯の一番内側に入れ込んで隠します。

 

【11】
後ろにまわして完成です。

 

結び目が少し斜めの位置にくるように結ぶと、粋に着こなせます。

 

いかがでしたか?

帯を肩幅の位置で半分に折る、

左側から15センチほど奥に送って結び始める、など

コツを掴めば色々なアレンジができます。

 

今から練習して、

夏にはきりっと浴衣を着こなしちゃいましょう!!

これらの基本の結び方に慣れれば、

旅館など他のシーンでも浴衣を着こなすことができます。

大人の男性のたしなみとして、

ぜひとも浴衣の帯の結び方をマスターしておきましょう!!

参考記事: