ホワイトデーが始まった国はどこ?ホワイトデーの由来と起源

 

バレンタインデーのお返しという位置づけのホワイトデー。

バレンタインは由来についてのエピソードも有名ですがホワイトデーの起源って知っていますか?

これってただのお礼をする日というわけじゃなくちゃんと由来があるんです!

実は発祥はあの国!!

ホワイトデーはどうやってできたんでしょうか?

意外と知らないホワイトデーの真実です!

スポンサードリンク

 

ホワイトデーは日本発祥?!

 

海外からやってきたバレンタインデートは違い、実はホワイトデーって日本発祥なんです。

バレンタインの習慣が根付いた後に徐々にお返しをする習慣が生まれました。

「頂き物にはお礼をする!!」

「きちんとお返事を送る!」

という日本人らしい礼儀正しさがこのホワイトデーの習慣を根付かせたんですね。

実際欧米には内習慣で「What’S?ホワイトデーって何のコトー?!」状態です。

そもそも欧米ではバレンタインデーは男女ともに贈り物をしあう習慣なので、お返しの日なんていらないんです。

日本以外では台湾、韓国などアジアの一部でも習慣になっています。

スポンサードリンク
 

 

ホワイトデーの由来はお菓子屋さん

 

ホワイトデーのお返しにお菓子を、という習慣を作ったのはなんとお菓子屋さん。

あれ?それって完全なる企業戦略ですよね。

1978年に「全国飴菓子工業協同組合」により3月14日はバレンタインデーのお返しとしてキャンディーを贈る日!と決定。

また一説には福岡の老舗菓子「石村萬盛堂」がバレンタインのお返しとして白いマシュマロを売り出したことがきっかけともされています。

お返しの習慣が広まったときに色んな企業が「これはいい!」と食いついたんでしょうね。

ちなみにバレンタインの由来でもある、恋人同士を結婚させた聖バレンタインが殉死した
ひと月後の3月14日に二人は改めて愛を誓ったというエピソードもあります。

一ヶ月後をお返しの日としたのは、ただキリが良いだけでなくちゃんとしたエピソードもふまえているのかもしれませんね。

 

どうして「ホワイト」デーなの?

 

お返しをする日が「ホワイトデー」というネーミングなのには理由があるのでしょうか?

最初はマシュマロデーと呼ばれていたホワイトデー。

でも企業としてはマシュマロ以外もお返しとして買ってもらいたい!

もっと幅を持たせるような名前はないだろうか?と名前を変更したんです。

それを「ホワイト」にした理由は諸説あるんです。

  1. キャンディーの材料である砂糖の色にちなんでいる
  2. マシュマロの色にちなんでいる
  3. 「純潔」「幸福」を表している

うーん、隅々までお菓子業界や販売企業の思惑が見え隠れしていますね。

それに見事はめられたので今やホワイトデーはバレンタインデーと対になるイベントになれたんです。

実は他にも企業戦略で色んな記念日が作られているんです。

さらに一ヶ月後の4月14日は二人の愛を確かめるオレンジデー。

またカップルになれなかった独り身のためのブラックデーもこの日です。

バレンタインからの88日目の5月13日は、霜が降りる節目の「八十八夜の別れ霜」にちなんでバレンタインで成立したカップルが別れを決める節目(!)としてメイストームデー。

でもこの中で一番馴染んだのはホワイトデーだったんですね。

これも含めホワイトデーの豆知識、ちょっと知っていると会話のネタにいいですよ!

スポンサードリンク
 

その他ホワイトデー関連の記事はこちらです!