バレンタインデーのチョコの由来や起源を知ろう!

毎年2月14日は女性が好きな男性にチョコをプレゼントするバレンタインデー!

今や当たり前の様に行われている行事ですが、その由来や歴史に関して意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

よく

『バレンタインなんて所詮、日本の菓子メーカーがチョコを売る為の戦略として作った行事だ!』

……と言っている人がいるのですが

これは事実なのでしょうか?

この記事ではバレンタインデーのチョコの本当の由来と歴史について分かりやすくまとめています。

スポンサードリンク

 

バレンタインの豆知識【1】
バレンタインデーの由来はローマ時代にあり

b4e3e9a0811dfe1cc085249e190f8ace_s

バレンタインデーの起源なったと言われている最古の歴史は、ローマ時代まで遡ります。

当時のローマでは2月14日が家庭と結婚の神『ユノ』の祝日で

翌日15日に豊年を祈願するルペルカリア祭を開催していました。

 

2月14日に当時の娘達は自分の名前を書いた札を桶の中に入れ、15日に村の男性がその札を取り

札に書かれた名前の娘とルペルカリア祭を一緒に過ごし、そのまま恋をする様になって結婚する……

というのが当時の風習でした。

 

一方当時のローマ皇帝が、「軍の兵士が妻帯者の場合、妻を故郷に残している身だと軍の士気が下がるから」

という理由で若い男女の婚姻を禁止

この事態を哀れに思ったキリスト教の司祭・聖バレンタインが皇帝に秘密に若い男女の結婚を執り行っていまいました。

その事実を知った皇帝は何度も聖バレンタインに結婚式の中止を命じましたが、

聖バレンタインはこの命令に耳を貸さず、

これに激怒した皇帝がユノの祝日である2月14日に聖バレンタインを処刑

 

この処刑がきっかけで、キリスト教の間で2月14日が恋人の日『バレンタイン』となった…

という説が通説となっている様です。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

バレンタインの豆知識【2】
日本国内の最古のバレンタインとチョコの由来は1936年から

img_0

1936年の2月12日に、日本の歴史上で初のバレンタインとチョコを関連付ける広告を現在のモロゾフが打ち出しました。

当時のキャッチコピーは『あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう』でした。

東京で発行されていた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』1936年2月12日付けに同社が広告を掲載したことを重視するものである。

「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告であった。

確認されている最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告である

出典 Wikipedia

 

05s37-01-16

 

また1960年にも森永製菓より『愛する人にチョコレートを贈りましょう』というキャッチコピーで広告を出しており。

ローマ時代から伝わるキリスト教内の恋人同士の祝日とされていた

2月14日の『バレンタインデー』を各製菓メーカーのチョコの販売の普及に利用しようとした歴史を伺うことができます。

スポンサードリンク
 

 

バレンタインの知恵袋【3】
かといって製菓メーカーの牽引だけで現在のバレンタインが普及いした…というのは半分は嘘!

 

では、この記事の冒頭で書いた

『バレンタインなんて所詮、日本の菓子メーカーがチョコを売る為の戦略として作った行事だ!』

という意見は本当だったのか?…というと、実は半分は間違っており、

当時の菓子メーカーの働きかけのみで、現在の日本のバレンタインデーがあるわけでは決してありません。

 

…というのは上記の様に1960年代から製菓メーカーからバレンタインデーにチョコを売り込もうと試みましたが、バレンタインにチョコが定着し始めたのは1970年代に入ってからで

大衆に受けいられるようになるには結構な時間がかかりました。

その大きな理由が1960年代の男女間の恋愛観が現代と違っていたからだと言われています。

 

例えば昔は

「結婚相手は親が当事者抜きで勝手に決めていた」

という話を皆さんもどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、

1960年代は、まさにそういった時代で若者が自発的に恋愛して結婚する…

という感覚が非常に薄く、こういった背景から、

『バレンタインデーには愛する人にチョコを贈ろう』

という風習が広まるのに時間がかかったと言われています。

当時の社会通念に照らせば、見合いをによる結婚を前提とした付き合い、恋愛結婚は社会的少数者で、しかも結婚を前提としない恋愛と、未婚の未成年者(19歳以下)は想定外であった。

しかし、そのような製造販売業者の思惑が続く間は、チョコレートの売り上げは大きく伸びなかった。

出典 Wikipedia

 

1970年代に入ってからは、高度成長期のピークを越え、現代に様に物が充実している時代に近づき、

それに伴って恋愛観を近代的に変わってきた事で「バレンタイン+チョコ」の概念は普及してきました。

なので結論を言ってしまうと

『製菓メーカーのバレンタインデーに上じたチョコ販売の戦略』+『恋愛観の近代化による若い男女間のプレゼントの普及化』

があって現在のバレンタインデーがある、と言えます。

スポンサードリンク
 

 

バレンタインの知恵袋【4】
日本以外のバレンタインデーの風習

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

以上の様な経緯から、バレンタインにチョコを送る、という風習は日本独自の物で、

他国と比べるとやや異質な風習と言えます。

例えば、西ヨーロッパだと、2月14日には男女問わず、チョコに限らず、ケーキやメッセージカードなど恋人や親しい友人に送っています。

最近の日本でも女子同士でチョコを送る『友チョコ』という風習も出来ましたし

プレゼントもチョコだけではなく、多様化しています。

そういった意味では今の日本のバレンタイン事情は他国の風習や、起源となった風習に近づいていると言えます。

この記事をご覧になった皆様もチョコに限らず、親しい大切な人たちに感謝の気持ちを込めて

様々なプレゼントをしていきましょう!

 

その他のバレンタイン関連の特集記事を以下にまとめているので参考にして下さい

スポンサードリンク
 

 

バレンタインのチョコなどお菓子に関連の記事はこちら!

 

バレンタインのチョコ以外のプレゼントやギフトに関する記事はこちら!

 

 

バレンタインデーのデートに関する記事はこちら!

 

バレンタインのプレゼントのラッピング関連の記事はこちら!

 

バレンタインのメッセージカードに関する記事はこちら!

スポンサードリンク

 

 

間もなくやってくる
節分に関する記事はこちら!