節分の由来 豆まき・恵方巻・節分いわしの意味と起源

出典 TomoNews Japan

 

2月の上旬に豆まきを行う『節分の日』

毎年当たり前の様にとり行われる伝統行事なので

当たり前の様に豆まきをしたり、恵方巻を食べたりしており

節分の由来や起源、意味については知らない方は多いのでは無いでしょうか?

そういった皆さんの為に、節分の由来の詳細をまとめて解説していきます。

スポンサードリンク

 

 太陽の位置によって
日にちが変わる節分の日

2月の上旬に行われるとされている節分の日ですが

節分の日の正確な日にちは天体と連動しており

年によって微妙に日にちが変わってきます。

 

また恵方巻を食べる方向【恵方】も

その年々で方角や、その決め方もしっかりと定められています。

詳細は以下の記事で解説しているので参考にして下さい。

参考記事:

今年の節分2017はいつ?日にちと恵方巻きの方角の決め方

 

スポンサードリンク
 

 

恵方巻の由来と正しい食べ方や具材

恵方巻を節分に食べる習慣は、古くは江戸時代まで遡ります。

恵方巻を食べるというその文化の由来は

  • 商売繁盛を願って商人が食べ始めた

というあるきたりな起源から

 

  • 恵方巻を男根に見立てて芸者に食べさせていた

…という下ネタめいた俗習が起源だったりと

 

そのルーツには不明な点が多いですが

時代の流れと食文化の変化に伴って

 

食べ方や意味合いも現在はとても多様化しており

『これが正しい』

といった形式が崩れてきている様に感じます。

 

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

節分の豆まきの由来と作法
豆の食べる数はいくつ?

『鬼は外、福は内』と言いながら豆をまいたり

年の数だけ豆を食べると良い

……など

豆まきの作法に関して、知っている様ですが

これも由来を探っていくと、知らない様な豆知識がいくつもあるものです。

詳細は以下の記事でまとめているので参考にして下さい。

参考記事:

節分の豆まきの由来と作法と豆の食べる数など3つのポイント

 

スポンサードリンク
 

 

一部の地域でのみ
食べる習慣のある
『節分いわし』

出典 kennymiyoshi

 

関西や、福島をはじめとした一部の関東地区のみの習慣として

軒先に柊鰯(ひいらぎいわし)を飾って魔除けにしたり

いわしを焼いて食べる節分いわしだったり

 

節分といわしが密接な関係にある地域もあります。

 

ただし、柊鰯も節分いわしも

地域や世代ごとに微妙な違いがある様です。

参考記事:

節分いわしの由来と食べる習慣など地域別世代別の違い

 

スポンサードリンク

 

以上、節分の豆まき・恵方巻・節分いわしの由来や起源をまとめて解説させて頂きました。

ここまでお読み頂きありがとうございます。

間もなくやってくる
バレンタイン関連の記事はこちら!