スタイリング剤を使ってヘアセットをする人なら「クールグリース」って聞いたことがありますよね。

色々なスタイルのセットの仕方を見ていると必ず出てくるスタイリング剤です。

出てくるのには理由があります。

 

ただ単にみんな持っているからとか手に入りやすいからではなく、理想のスタイルとラクさを実現してくれるんです。

クールグリースにも色々な種類があります。

それぞれにどんな特徴があるのか、またどんなところが人気の理由なのか見てみましょう。

スポンサードリンク

クールグリースとは?

そもそもクールグリースはどんなスタイリング剤なのでしょうか。

 

クールグリースは水溶性のスタイリング剤です。

 

一般的なスタイリング剤、ワックスやジェル、ポマードは油性のものが多いです。

それは油性の方がカチっと固まるから。

 

ただ洗い流す時にけっこう大変ですよね。

 

スタイリングのやり直しや手についたスタイリング剤を落とすのも一苦労です。

 

その点、クールグリースは水溶性なのでオフがしやすいのが特徴です。

直すときも手ぐしで直せます。

 

またなんといっても、そんな扱いやすいスタイリング剤なのにきれいなツヤ感が出るのが人気の理由です。

 

固まらないジェルワックスという感じでしょうか。

男性に使うことが多いですが、もちろん女性が使ってもOK

 

女性ならしっかりパーマに合いますね。

なにより嬉しいのが210gという大容量です。

この容量で定価1620円。

 

例えば似たようなツヤ感がウリのジェルワックス、DEMIのウェーボデザインキューブ ホールドワックスは80gで1512円なのでいかにコスパがいいかわかりますね。

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

お試しで使いたい人は87gのミニサイズもありますよ。

使うときは、たくさん塗りすぎると油っぽい髪みたいになってしまうので少なめを心がけましょう。

人差し指ですくうくらいでOKです。

 

全体に付けた後コームでとかすと毛束の流れとツヤを強調したスタイルになります。

びしっとしたオールバックで決めたいときはこれですね。

出典 https://beauty.hotpepper.jp/

 

おすすめの使い方はワックスと混ぜる方法です。

セット力があがり、濡れ感が出るワックスのように使えます。

 

ワックスとクールグリースは1:1、もしくは2:1の割合です。

クールグリースの方が多くならないように気を付けましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

クールグリースの
種類と使い分けの仕方

クールグリースにも色々な種類があります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

クールグリースG

出典 http://www.yodobashi.com/

 

香り:ライム

セット力:レベル4

 

クールグリースと言えばこれ!

青いパッケージに見覚えがある人も多いはずです。

 

初心者におすすめのスタンダートなグリースです。

ワックスと混ぜて使うならこのクールグリースGにしましょう。

 

クールグリースR

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

香り:アップル

セット力:レベル5

 

セット力をあげたいけどグリースを使うのに勇気が要るという人はこれです。

クールグリースGよりもツヤ・セット力があがりますが、初心者に使いやすい程度です。

 

クールグリースZ

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

香り:柑橘系

セット力:レベル7

 

根本の立ち上げや毛先などのポイント使いに適しています。

ツヤ感が控えめなので、ビジネスシーンなどしっかりセットはしたいけど派手にしたくないという時に使えます。

スポンサードリンク
 

クールグリースXX

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

香り:バナナ

セット力:レベル8

 

クールグリースの定番商品の1つです。

ハードなセット力を求めるならこれです。

とさかヘアもこれでできちゃいます。

 

一日中崩れないヘアになれますよ。

 

クールグリース
コンクリート

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

香り:無香料

セット力:レベル10

 

その名の通りコンクリートのような超ハードな仕上がりです。

少量付けるだけで思い通りのセットにできます。

 

重力に逆らったセットをするならこれをつかいましょう。

オールバックや流れのあるスタイルをしたい人にもピッタリです。

 

少し変わった種類がコチラです。

 

クールグリース
ペリシア

出典 https://www.amazon.co.jp/

 

これには「ハード」と「エクストラハード」の2種類があります。

2つを混ぜて自分好みのグリースにすることも可能!

そんなこだわり派にぴったりです。

 

「ハード」は適度なツヤ感なので髪が細い人でも使いやすいです。

 

一方「エキストラ」はセット力がアップします。

アップバングヘアなんかもこれでできちゃいます。

参考記事:

 

またクールグリースは大人向けなおしゃれなラインナップがあるんです。

 

クールグリース
スペリオール

出典 http://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/004614/list

 

1920年~1940年代をイメージしたクラッシクなデザインのクールグリースです。

 

無香料で自然なツヤを演出する「S(スタンダート)」

タイトなセットを実現するココナッツの香りがする「C(ココナッツ)」

伸びとツヤ感に優れている「V(バニラ)」

 

この3つのラインナップがあります。

普通のクールグリースよりも少しお高めで、220gで2000円です。

 

クールグリースが使いやすい理由はこの細かいラインナップによるんですね。

いくつかの種類を持っているとオン・オフ合わせて重宝しそうです。

好みのスタイルに合わせて使い分けてみましょう。

参考記事: