母の日のプレゼントで絶対必要なものがメッセージカードです。

感謝を伝える母の日のプレゼントに物だけ贈るんじゃ味気ないですよね。

手紙が一番嬉しいという意見もあるほどです。

でも義理のお母さんへのメッセージって難しいですよね。

友達や身内なら気軽に書きますが、字で残る手紙で失敗はしたくないものです。

そんな失敗しない義母への手紙の書き方を例文と一緒に紹介します。

参考記事:

スポンサードリンク

 

書き方のポイント

 

ますは誰への手紙でも一緒のことですが気持ちを込めて書くことです。

言い回しが凝っていなくても「ありがとう」の気持ちが伝わることが大切です。

 

一応母娘の関係ですので、丁寧な言葉遣いをしつつ柔らかい印象になるように心がけましょう。

そして手紙はやっぱり「手書き」です。

 

字に自信がなくても

 

「汚い字」

「丁寧に書いた字」

 

は違います。

ヘタでも丁寧にゆっくりと書きましょう。

最後に名前は夫婦二人の連名です。

仮に片方だけがプレゼントを選び、

あなただけがメッセージを書いたとしても義理のお母さんへのメッセージに自分の名前だけっていうのはナシですよ。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

お義母さんへのメッセージで
控えた方が良い言葉

 

ここが重要ですね。NGワードです。

こちらはなんとも思っていなくても相手に変な意味にとらえられてしまうかもしれない言葉は避けましょう。

 

「お義母さん」

 

実の母親との呼び分けで文章では「お義母さん」と書くことが多いですが、実際に本人に向かってあえてこの字にするのは避けた方がいいです。

他人なのよ!ということをアピールしているようになります。

 

・夫を下げるような表現

 

身内以外の人にはへりくだった表現を使いますが、夫の母親にそうする必要はありません。

例えば夫が多忙で義理のお母さんのお世話になることが多いとしても、

 

「○○(夫の名前、しかも呼び捨て)の至らない点をいつもお母様が補ってくださり感謝しています。」

 

なんて書いた日には

「うちの息子をなんだと思っているの?!」

となります。

ここまで極端なことをしてしまう人は少ないでしょうが、そう取られるような表現がないよう注意しましょう。

 

もちろん夫の名前は「○○さん」とさん付けですよ。

ではこれらをふまえていくつか例文をみてみましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

結婚してはじめて母の日にメッセージを送る時の例文

 

緊張の初めての母の日。

まだ共通の思い出も少ないので

「これから」

を意識したメッセージにしましょう。

簡単なメッセージで大丈夫ですよ。

【例文】

お母さんの温かさにいつも感謝しています。

まだまだ至らない点も多いですが、よろしくお願いします。

これからお母さんの味も引き継いでいきたいので今度お料理も教えてください。

感謝の気持ちを込めて○○さんと選びました。

気に入って頂けると嬉しいです。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

結婚して何度か
母の日を迎えている場合の例文

何度か母の日を迎えるとさすがにお決まりの文章だけでは済まなくなってきます。

もし毎年のメッセージカードを並べられていたら・・・。

ある程度年月が経っているなら、その年の一年以内にあった出来事を交えて書くと毎年同じにならないメッセージが書けます。

【例文】

いつも私たち夫婦を気遣ってくださりありがとうございます。

お母さんのそんな優しさにいつも感謝しています。

先日のお花見も本当に楽しかったです。

来年はお母さんの好きな桜餅を作っていきますね。

表しきれない感謝の気持ちを込めて○○を贈ります。

参考記事:

 

スポンサードリンク
 

 

お義母さんとの仲が親密な場合の例文

義理のお母さんとはいえ、本当の母娘のように親密という関係の方もいますね。

そんな場合は寄り親しみのこもった手紙になるかと思います。

とはいっても親しき仲にも礼儀あり、ということで丁寧に書くことには変わりありません。

親密だからこそ、普段は口に出せない感謝の気持ちを伝えましょう。

【例文】

元気で若々しいお母さんに、いつも元気を分けてもらっています。

至らない点も多い私に優しく、本当の娘のように温かく接してくださりありがとうございます。

そんなお母さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝の気持ちを伝える母の日にどんなものが良いか迷いましたが、綺麗な色の口紅を見つけました。

お母さんに似合う色だなと思ったので選んでみました。今年の流行の色でもあるそうですよ!

本当にいつもありがとうございます。

これからも色々教えてくださいね。

参考記事:

 

スポンサードリンク
 

 

遠方でお義母さんとなかなか会えない場合の例文

 

遠方に住んでいるので会うのは年に1~2回。

結婚して何年か経つけど会ったのは数回だけ、だと共通の思い出も少ないですよね。

そんな場合はあんまり馴れ馴れしく書いても距離感が分かっていない嫁になってしまいます。

もちろん親しみはこめて、でもより丁寧に書くようにしましょう。

【例文】

暖かくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

私たち夫婦も変わりなく過ごしております。

日頃の感謝の気持ちを込めて贈ります。

気に入っていただけると良いのですが…。

次はお盆に○○さんと帰ることができると思います。お会いできるのを楽しみにしています。

離れて住んでいるので相手の健康を気遣うことと、今度会うことについて触れるのを忘れないようにしましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

子供がよく
お義母さんのお世話に
なっている場合の例文

 

義理のお母さんに感謝する具体的なエピソードがあるので一番書きやすいパターンですね。

義理のお母さんだっていくら可愛い孫の世話とは言え、大変だったり疲れたりもします。

負担に感じないようしっかり感謝の気持ちを伝えましょう。

【例文】

お母さんにはいつもお気遣いいただいて感謝しています。

特にいつも子供たちのことを気に掛けてくださってありがとうございます。

ご迷惑をおかけしているかと思いますが、子供たちもとても喜んでいます。

お母さんのおかげで安心して子育てに取り組んでいくことができています。

そんな感謝の気持ちを込めて選んでみました。

喜んでいただければと思います。

 

こんな感じに5つのパターンの例文を載せてみました。

ちょっとした言葉使いや表現は親密度によって調整してくださいね。

素敵なメッセージを贈れるとお嫁さんとしても好感度もアップ…。

もちろんそんな裏心だけでなく、「感謝を伝えたい!」という気持ちで書いてくださいね。

参考記事: