髪型を変えるときには全体の形や前髪にこだわりますよね。

でもヘアスタイルの印象を変えてしまう見落としがちなポイントがあるんです。

 

それが「もみあげ」です。

 

もみあげを切るのを失敗してしまうとせっかく他の部分がきれいになっていても台無しです。

そうならないために、もみあげの上手な切り方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

男性のもみあげの上手な切り方

男性のもみあげは顔の印象を左右するのでかなり重要ですよね。

なんだか髪が伸びてボサボサの印象がある…

そんなときはもみあげを整えるとスッキリしますよ。

 


出典 プロのヘアーカット小技

 

まずもみあげ周りの余計な髪をシェーバーで剃ります。

もみあげの長さも決めておきましょう。

 

ここで1つめのポイントです。

 

長さを決めてシェーバーで剃るときは、したい長さの少し上の髪をコームなどで持ち上げてから剃りましょう。

毛先の部分はあとで整えます。

 

そうするともみあげパッツンにならずに自然に仕上がります。

 

次にくしでもみあげを後ろから前にとかしてもみあげのラインから出た部分をハサミで切ります。

前から後ろにとかして同じようにします。

 

あとはくしでとかしながらコームから出た部分をすきバサミで切って髪の量を整えます。

全体的に短くしたい場合はロング用のアタッチメントがついたバリカンで下から上に刈り上げます。

 

2つめのポイントとしてバリカンを何度も当てすぎるともみあげだけスカスカになってしまします。

アタッチメントは切りたい長さより長めにして、バリカンは1、2回あてるだけにしましょう。

スポンサードリンク
 

女性のもみあげの
上手な切り方

女性でもみあげが濃いことが気になっている人も多いはず。

耳にかけたりアップにしたときにない方が、女性らしい気がしますよね。

しっかりあって濃い人は顔剃りのときに剃ってしまうのがおすすめです。


出典 ELLETVBEAUTY

 

こんな風にI字カミソリで優しく剃っていきましょう。

かと言ってバッサリいくと不自然になってしまうことも。

 

毛の流れを考えて剃りましょう。

まずもみあげ以外の毛を耳にかけて後ろにまとめます。

 

もみあげをコームでとかして整えたら長さを決めて剃ります。

耳たぶを引っ張りながら伸ばすといいですよ。

もみあげの長さは好み次第です。

 

全くなくすか、少し残すかどちらも素敵ですね。

女優さんもこんな風に整えています。

出典 http://nob324.weblogs.jp/

 

 

もみあげの毛が濃くて上手に残せない人はきれいに剃ってしまうのもありです。


出典 http://img.hadalove.jp/

 

ただしもみあげが全くないと顔の面積が広くなるので、横長に大きく見えてしまうことも。

丸顔が気になる人はキワの産毛は残した方が縦のラインができて顔のシェルエットがきれいに見えます。

 

子供のもみあげの
上手な切り方

子供の場合、全体的に髪が細く少ないのでバリカンで刈るのが簡単です。

コームでもみあげをとかして出ているところをバリカンで剃ります。

長めにしたい場合にはコームを少し地肌から浮かします。

コームを挟んでバリカンを当てることで剃りすぎを防いでくれます。

 


出典 エイチ兄さん

 

子供はじっとしていられないのでバリカンで手早く仕上げましょう。

小さい箇所だけど重要なもみあげ。

ここを整えると一気に印象が変わるのでこまめに手入れすることをおすすめします!

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事