古くから東海地方の愛知県豊田市、豊川市、岐阜の中津川市、静岡の湖西市で行われる『おいでん祭り』

当サイトで各地域のおいでん祭りの場所取りや混雑をできるだけ回避して綺麗な花火を楽しめる場所の穴場スポットを解説していきます。

こちらの記事では最も規模の大きな『豊田おいでんまつり』について紹介していきます。

また、夏祭りや花火大会には浴衣を着て行きたいと思っている方は以下の記事を参考にして下さい。

参考記事:

スポンサードリンク

 

豊田おいでんまつりの
花火大会の日程、時間

豊田おいでんまつり
花火大会


出典 ToyotashiKankou

 

日程と時間

 

2017年7月30日(日)

19時10分~21時まで

 

花火の打ち上げ場所


矢作川湖畔と白浜公園一帯

 

花火は何発打ち上げられる?

 

打上数 約13,000発

 

豊田おいでんまつりの最寄り駅

名鉄 豊田市駅

雨天時の場合は中止?延期?

雨天のは中止になります。

当日決行か中止か迷う場合は以下の実行委員会に電話で問い合わせをお願いします。

 

豊田おいでんまつり実行委員会の電話番号:

TEL. 0565-34-6642

 

車でアクセスする場合の駐車場と交通規制

 

当日の交通規制については以下のリンクをクリックして確認をお願いします。

外部リンク:

豊田おいでんまつりの交通規制情報

 

車でのアクセスは当日は大変混雑しますのでオススメはしません。

どうしても車でアクセスされる方は以下の駐車場のご利用をお願いします。

外部リンク:

豊田おいでんまつりの駐車場

 

ただし、こちらの駐車場もすぐに満車になります。

電車でのアクセスを推奨します。

 

屋台、露店が
出店している場所と
営業時間

スポンサードリンク
 

屋台や露店は最寄り駅から会場までの道と、会場内に出店されます。

地図で表すと以下の区域になります。

無題

 

屋台、露店の営業時間は17時~20時30分頃まで出店しています。

 

混雑や場所取りがいらない花火が見える穴場スポット4選

祭りのメインイベントであり、皆さんが最も知りたいであろう、混雑や場所取りがいらない花火が見える穴場スポットを紹介していきます。

【1】有料席(協賛席)とチケットの値段

混雑や場所取りがいらない花火が見える穴場スポットで最も無難な場所が有料席(協賛席)です。

チケットの価格は以下の通りです。

【イス】
協賛金:4,500円/口
(特典:協賛席入場券1口1枚進呈)

【4人マス(北)】
協賛金:14,000円/口
(特典:協賛席入場券1口4枚進呈)

【4人マス(堤防・南)】新設

協賛金:14,000円/口
(特典:協賛席入場券1口4枚進呈)

【2人マス(北)】
協賛金:7,000円/口
(特典:協賛席入場券1口2枚進呈)

【2人マス(南)】
協賛金:7,000円/口
(特典:協賛席入場券1口2枚進呈)

【2人マス(堤防・北)】
協賛金:9,000円/口
(特典:協賛席入場券1口2枚進呈)

【2人マス(堤防・南)】
協賛金:9,000円/口
(特典:協賛席入場券1口2枚進呈)

【スカイホールペア】新設
協賛金:10,000円/口
(特典:協賛席入場券1口2枚進呈)

※席はスカイホール豊田2階デッキにございます。
協賛席が打上げ場所から離れるため、仕掛け花火や手筒花火は見られませんが、入退場時の混雑が少なく、無料開放される駐車場や屋台広場の近くにあります。ベビーカーや車いすをご利用の方や浴衣でお越しの方でもゆったりと花火を楽しんでいただくことができます。

【手筒花火(4人マス北)】
協賛金:47,000円/口
(特典:協賛席入場券1口4枚、打ち上げ後の手筒1本進呈)

出典 http://www.oidenmaturi.com/kyosan/

 

東京などの花火大会の有料席の相場が大体1人辺り2,500円なので、豊田おいでんまつりの有料席(協賛席)のチケットの価格はやや割高と言えます。

 

【2】毘森公園


会場からはやや離れますが、最寄り駅からは離れていないのでアクセスがしやすいです。

最寄り駅から見て、会場の反対側に位置するせいか、綺麗な花火が見える割には混雑は少なく、場所取りの必要はありません。

【3】矢作緑地川端公園


会場の矢作緑地白河公園は大変混雑し、早めに着て場所取りしなければいけませんが、そこから少し北に移動した先にあるこの公園は混雑が少ないのでオススメです!

遊具も幾つかあるので子供連れのご家族の方に人気の花火が見える穴場スポットです。

 

【4】桜城址公園


小さな公園ですが混雑もなく、しっかりと花火が見える、まさに隠れ穴場スポット、という形容がしっくりくる場所です。

この穴場スポットの最大の特徴は、公衆トイレの設備がしっかりとしている小さい公園というところです。

これはどういう事かと言いますと、

今まで紹介してきた穴場スポットは確かに場所取りや混雑を避ける事ができる公園ですが、

それでも普段集まらない様な、大人数の方がその場に集まります。

そうなると、公衆トイレの数には限りがあるので、なかなか用を足せない…といった状況に陥ってしまうワケです…

特に女性の方は、普段でも時間がかかるのに、夏りや花火大会の火は浴衣を着てくる方が多いので、更に時間がかかります…

意外な盲点ですが、花火大会のトイレ事情は女性の方にとって結構重要な事なのです。

この事を踏まえるとこの桜城址公園は穴場スポットとしてそこまで有名では無く、小さな公園なので、上記の様なトイレ問題の解決に繋がるのです。

女性同士やカップルで参加する方にイチオシの隠れ穴場スポットです!

以上が豊田おいでんまつりの日程や屋台露店の出店情報と、混雑や場所取りとは無縁の花火が見える穴場スポットの場所でした。

あわせて読みたいこちらの記事