首都圏の花火情報ってよくあるけど、花火大会は全国各地で開催されますよね。

雑誌の特集でも行きたいエリアの情報は少ないこともしばしば。

そこで、ここでは新潟の花火大会に絞って日程や特徴、穴場をまとめてみました。

4000発以上の大きい花火大会で選んであるので旅行がてら行くにもいいですよ。

参考記事:

スポンサードリンク

ぎおん柏崎まつり
海の大花火大会


出典 Japan Videography

日程:
7月26日

 

場所:
柏崎市中央海岸・みなとまち海浜公園

 

打ち上げ数:
1万5000発

 

来場者数:
22万人

 

越後三大花火の1つです。

広々とした海に広がるスターマインや尺玉100発一斉打ち上げなど豪華さが際立ちます。

 

おすすめ穴場スポット

有料席のすぐ後ろ、みなとまち海浜公園は綺麗に見られますが人気のため午後には場所取りが必要です。

 

それで少し離れても良いようならすぐ隣にある海浜公園の方が混雑を避けられます。

 

またその近くにあるイトーヨーカドーの屋上駐車場からも花火の全体が見られますよ。

参考記事:

スポンサードリンク
 

上越まつり大花火大会(直江津地区)

出典 CrazyFuzituka

 

日程:
7月26日(予定)

 

場所:
上越市関川河口

 

打ち上げ数:
5000発

 

来場者数:
11万人

 

巡行した八坂神社の御輿が帰ってくるのを出迎えると同時に花火大会が始まります。

ナイアガラ、100万ドル大スターマイン、空海中スターマインなど様々な種類の花火を見られます。

 

おすすめ穴場スポット

五智公園展望台からは高い位置から花火がよく見えます。

会場から離れても良いと言う人にはおすすめです。

会場の空気を味わいたいなら海浜公園がメイン会場に近いスポットです。

参考記事:

スポンサードリンク
 

長岡まつり大花火大会


出典 CrazyFuzituka

 

日程:
8月2~3日

 

場所:
長岡市長生橋下流

 

打ち上げ数:
2万発

 

来場者数:
104万人

 

日本三大花火大会の1つというお墨付きの花火大会。

長岡祭の本祭2日間にわたって楽しめます。

有名なのは3連続の正三尺玉です。

大型花火のコラボという豪快な花火です。

 

おすすめ穴場スポット

三大花火大会だけあっても来場者もたくさんです。

無料観覧席に出遅れてしまった人は蔵王橋周辺に行きましょう。

 

距離はありますが充分花火を楽しめますよ。

また屋上ではイオン長岡店がおすすめです。

 

 

有料観覧席とも近いのでちゃんと鑑賞エリアの距離で楽しめます。

参考記事:

スポンサードリンク
 

新潟まつり


出典 CrazyFuzituka
日程:
8月6~7日

 

場所:
新潟市信濃川河畔

 

打ち上げ数:
非公開

 

来場者数:
52万人

打ち上げ数は非公開ですが1万2000ほどと言われています。

2日連続で趣向を変えた様々な花火を惜しげもなく豪華に打ち上げるかなり規模の大きい花火大会です。

大花火大会は新潟まつりの最終日、7日なので花火メインに見る人はこちらですね。

 

おすすめ穴場スポット

意外と良いのが会場の対岸です。

向きは会場側になってしまいますが、見える距離感としては会場と同じ迫力で楽しめます。

場所取りに出遅れてしまう人は八千代橋付近に向かいましょう。

遅い到着でも比較的場所取りがしやすいスポットです。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

寺泊港まつり
海上大花火大会


出典 1tsubame

 

日程:
8月7日

 

場所:
長岡市寺泊港

 

打ち上げ数:
5000発

 

来場者数:
12万人

海上花火大会とだけあって海上・海面に咲かせる花火の大輪は一見の価値有りです。

広々とした豪快な花火を楽しめます。

 

おすすめ穴場スポット

実はおすすめできる穴場がありません。

というのも会場付近はスペースがとても広いので充分そこで場所取りができるんです。

素直に会場の無料観覧エリアに行きましょう。

混み合っていた場合、海水浴場の砂浜になるのでレジャーシートを忘れずに持って行きましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

おぢやまつり大花火大会


出典 1tsubame

 

日程:
8月第3もしくは第4金曜日~日曜日

 

場所:
小千谷市信濃川河川敷

 

打ち上げ数:
7000発

 

来場者数:
19万4100人

 

7000発の豪華花火だけでなく、からくり万灯や闘牛パレートなどイベント盛りだくさんのおじやまつり2日目に行なわれる花火大会です。

賑やかな花火を楽しみたいならここですね。

 

おすすめ穴場スポット

信濃川周辺です。

周辺の田畑も視界が開けているので花火が綺麗に見えます。

対岸にも田畑が広がっているのでそこからも綺麗に見られますよ。

 

ただし田畑は私有地だったり住宅地になっていたりします。

周辺住民の方に迷惑にならないようマナーを守って楽しみましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

とちおまつり大花火大会


出典 mitsuhiko asami
日程:
8月27日

 

場所:
長岡市鳩峰・タカ待場

 

打ち上げ数:
5000発

 

来場者数:
1万5000人

 

2日間のとちお祭のフィナーレです。

花火を愛する市民で作られた市民花火「千輪の会」が制作費を出したオリジナルのスターマインが見どころです。

おすすめ穴場スポット

高台から打ち上げられるので会場から離れた広い範囲で綺麗に鑑賞できるのが特徴です。

特に栃尾小学校の横の堤防通りからは迫力ある花火を楽しめます。

参考記事:

 

スポンサードリンク
 

小木港まつり・花火大会


出典 磯野浩一
日程:
8月下旬

 

場所:
佐渡市小木町小木港湾内

 

打ち上げ数:
6000発

 

来場者数:
2万1000人

 

佐渡市の夏祭りのフィナーレを飾る花火大会です。

花火だけでなく獅子舞などの祭礼の舞も楽しめます。

まさに夏の終わりにふさわしい、夏の情緒溢れる花火大会です。

 

おすすめ穴場スポット

本州からだとフェリーで渡って佐渡島まで渡ります。

花火大会自体が穴場という感じです。

海岸沿いであれば綺麗に見られますよ。

スポンサードリンク
 

 

片貝まつり浅間神社秋季例大祭奉納大煙火


出典 MDFIDF
日程:9月9~10日

場所:小千谷市片貝町浅間神社裏

 

打ち上げ数:
1万5000発

 

来場者数:
20万人

 

尺玉以上の花火が多く打ち上げられます。

なんと片貝町は3尺玉発祥のなんです。

さらに世界最大の4尺玉も打ち上げられる迫力ある花火まつりです。

2日目には1発だけ真昼の三尺玉が打ち上げられます。

奉納祭なので企業・個人がメッセージを込めて奉納した様々な花火を楽しめます。

 

おすすめ穴場スポット

大きいので会場から離れていれも充分楽しめるのも魅力の1つです。

片貝小学校グラウンドではアナウンスが聞こえる距離で花火を楽しめます。

 

また越後製菓片貝西工場では2000円で駐車場と工場の屋上を提供しています。

 

有料席は当日券で1名3000円、予約席で8名座れる1マスが3万円なので、有料席と思えばお得ですね。

新潟って色んな花火大会がありますね。

どれも花火だけでなくイベント楽しめるので名湯の旅行にもぴったりですよ。

参考記事: