愛知県名古屋市最大級の夏祭り、『港祭り』

子供連れの家族やカップルでのデートで毎年大変混雑するこのお祭りですが、この混み合う祭りを最大限楽しむ為に

祭りや花火大会の日程を事前に知り、花火や屋台の場所も把握する必要があります。

こちらの記事ではこの港祭りを楽しむ為の情報を総合的にまとめいてます。

最寄り駅や、車でアクセスする場合の最寄りの駐車場や交通規制と当日の混雑状況については以下を参考にして下さい。

参考記事:

名古屋の港祭りの最寄り駅と車、駐車場、交通規制、混雑状況

 

スポンサードリンク

意外と知らない港祭りの歴史

 

まずは地元民でも意外と知られていない、みなと祭りの歴史について解説していきます。

みなと祭りはの発祥は『戦後の復興際』

熱田祭りの前夜祭情報と花火の時間と穴場&屋台の場所』や『尾張西枇杷島祭り 花火の穴場の場所と時間&駐車場』の記事を読んで頂くと分かるのですが、

6月に行われる熱田まつりや、尾張西枇杷島祭りと違い、みなと祭りは何か特定のご神体を祀っているわけではなく、戦後の復興と名古屋港の発展を願ってはじめられた『復興祭』で。

現在正式名称は『海の日名古屋みなと祭』です。

 

みなと祭りの日程は、毎年7月海の日に開催される

 

気になる、みなと祭りの日程ですが

毎年7月第3月曜日の海の日に開催される

出典 Wikipedia

 

こちらの通り海の日に開催されます!

2017年は7月17日(月)に開催されます。

 

気になる花火大会の時間と
打ち上げ場所花火を見るの穴場スポットは?

 

みなと祭りの花火大会の日程は?

7月18日(月)のみなと祭りの詳細の日程は以下の通りです。

 

上記の通り、花火大会の開催時間は19時30分から20時20分です。

 

多くの方が浴衣を着て参加され、とても賑やかです!

 

参考記事:

 

みなと祭りの
花火の打ち上げ場所


出典 煙火狂会 Kasajizou

 

みなと祭の花火の打ち上げ場所は、名古屋港ポートビルの南の海上の花火打上船の上で打ち上げられます。

 


地図でいうとこの少し南の海上ですね!

 

皆気になる
みなと祭の花火を見る
穴場スポットは?

みなと祭りの一番のイベント、花火大会を見る際のオススメの穴場スポットを紹介します!

大きく2つに分けて、

賑やかで迫力満点の花火を楽しめる穴場スポット

人通りが少なめで落ち着いた雰囲気の穴場スポット

を紹介していきます!

ただ、最寄り駅までの地下鉄が非常に混み合うので、早めの時間にアクセスするのをオススメします。

その際は万全な日焼け対策をしていきましょう!

参考記事:

日焼け対策にオススメの服装から食べ物など完全日焼け対策法

 

賑やかで迫力満点の
花火を楽しめる
花火の穴場スポット

こちらで紹介する穴場スポットは比較的打ち上げ場所付近が多く、

眼前に広がる花火はとても綺麗です!

 

【1】
名古屋港水族館南側緑地

 

打ち上げ場所から最も近く、眼前に広がる花火が楽しめる穴場スポットがこちら!名古屋港水族館南側緑地です。

 

【所在地】

名古屋市港区港町1-3


ここは水族館の隣に位置する広場で場所はそれなりの広さなのですが、

それでも当日は人混みが一杯になりますので早めに行って場所をとる必要があります!

 

人通りが少なめで
落ち着いた雰囲気の
穴場スポット

 

【1】
稲荷橋周辺

次に打ち上げ場所付近でおすすめ花火スポットがこちら!稲荷橋周辺です。

【所在地】

名古屋市港区千鳥2-9-25

 

こちらの場所も打ち上げ場所から比較的近いのですが、屋台などの出店場所からやや離れるので、その分人通りが少ないのでオススメです!

早めの時間に出向いて先に屋台や露店で祭りの雰囲気を味わい、ちょっと人混みに疲れたら、休憩しながらこの場所で花火を楽しむ…なんてのもアリですね!

基本打ち上げ場所から近ければ近い程、綺麗に見える反面、人混みが凄い状態になるのですが

この場所は例外的に近いわりには落ち着いているのでオススメです。

 

【2】
金城ふ頭の北側

 

稲荷橋周辺よりは、やや打ち上げ場所から離れますが地元の人しか来ないであろう穴場スポットがこちら

金城ふ頭北側周辺です!

無題

 

上の地図で赤線を引いた所が穴場スポットで。

金城ふ頭自体は結構混み合うのですが、チョット北にずれるだけで意外と人通りが少なくなり、まさに隠れスポットと言えます!

 

【3】
昭和橋周辺

 

稲荷橋周辺以上に人混みが少なく、かつ花火が綺麗に見えるスポットがこちら!昭和橋周辺です。

【所在地】

名古屋市中川区福川町5-2-1

 

打ち上げ場所から4km程離れいますが、間に花火を遮るような建物がないので、とても綺麗に見え、人混みの心配は皆無といって良い場所です!

とにかく静かに花火を見たい人にはオススメの隠れスポットです!

 

みなと祭りの屋台の場所と時間は?

 
スポンサードリンク
 

 

みなと祭りの屋台が出店される場所は地下鉄『築地口駅』から地下鉄『名古屋港駅』までの間に約500店程が出店されます。

無題

上の地図で表すと赤線を引いた所ですね。

出店される時間帯はだいたい15時あたりからです。

花火大会が開催される時間の19時30分が近くなると大変混雑するので人混みを避けたい方は15時位に着て屋台を楽しみ、

花火は先程紹介した、穴場スポットを参考に鑑賞する様にすると祭りを静かな雰囲気で楽しめるでしょう!

 

 

みなと祭りに電車で行く場合の最寄り駅と車で行く場合の交通規制や駐車場、混雑状況などの情報は引き続き以下の記事で詳しくまとめています。

あわせて読みたい
こちらの記事