2016年関東東京の夏真りの花火の穴場スポット、7月8月の日程カレンダー、屋台露店の出店情報7選

スポンサードリンク

 

夏になり、お昼は暑くても夕方になって涼しい風が吹いてくると、暗くなってからお出かけしたい気分になりますよね。

特にお祭りの時期には、近くでおはやしの音が聞こえるとついつい顔を出したくなってしまうものです。

その雰囲気自体も行くだけで楽しいのですが、お祭りのメインイベントと言っても過言ではないのが、出店の数々です。

子どもの頃には買ってもらえなかった出店でしか食べられないもの、大人買いしてしまいたくなるものなのです。

夏の風物詩、花火大会にももちろん、屋台はつきものですね。

焼きそばにイカ焼きに、あんず飴にチョコバナナ。屋台でしか食べられないものはひときわ美味しく感じますね。

今回は夏祭りや花火大会のなかでも、比較的規模が大きめなもので7月中に出店がたくさん出ることで人気なお祭りをご紹介します。

7月13日(水)~16日(土)
みたままつり

2015年
靖国神社のみたままつりの様子


出典 SUPERGENKI JAPAN

 

毎年7月の13日~16日に靖国神社で開催される過『みたままつり』

この、みたままつりは参拝者のマナーの悪さ(ゴミを散らかす、暴力事件を起こす、騒音等)が2010年あたりから非常に問題視されており。

ついに2015年に屋台や露店の出店を全面的に禁止する、という異例の事態となりました。

また、この祭りの趣旨が、靖国神社に祀られた英霊を慰める慰霊祭、という立ち位置なので、毎年お盆の時期にニュースで報じられる『総理の靖国神社への参拝問題』を連想するせいか、みたままつりという祭事に対する海外の反応を気にされる方が非常に多いです。

またみたままつり、といったらその規模の大きさからか、毎年芸能人の目撃情報も多数寄せられますので、今年も芸能人と会えるのか?

今年は誰が参拝していたのか?

気になるか方が多い様です。

これらの問題について以下の記事で詳しく以下の記事で解説しています。

参考記事:
みたま祭り2016 日程時間と屋台露店の出店と芸能人情報

 

7月22日(金)~25日(月)
神楽坂まつり

2015年の神楽坂まつりの様子


出典 CityShinjuku

 

神楽坂まつりの大まかな日程は、

22日、23日は『ほおずき市』が、

24日、25日には有名な『阿波踊り』が予定されています。

これらのメインイベントが行われる場所やスケジュールはどうなっているのでしょうか??

またこの祭りは浴衣を着て参加する事を推奨されており、『ゆかたでおいでよ神楽坂』という特別イベントが開催されます。

浴衣を着て行くと屋台や露店、商店街で様々なサービスを受けるの事ができ、一通りサービスを受けると結構なお得感があるので、夏という季節感を満喫する為にも是非浴衣を着て行きたいところです。

この『ゆかたでおいでよ神楽坂』のサービス内容や、浴衣の選び方や帯の結び方、浴衣に合った髪型など、詳細を以下の記事でまとめていますので是非参考にして下さい。

参考記事:
神楽坂祭りの【2016】日程と屋台出店情報と雨天時の注意点

 

7月23日(土)
足立の花火

足立の花火のフィナーレ
満開のしだれ桜


後ほど紹介する『隅田川花火大会』に次いで歴史のある花火大会『足立の花火』

歴史が長い…という事は、それはこの足立の花火が地元の人たちに如何に愛されているのか?

その証と言えますし、今年も相当の混雑が予想されます。

こういった混雑を少しでも回避する為にも、

花火の日程の確認はできているか?

混雑が少ない最寄り駅はどこなのか?

屋台や露店と花火、両方楽しみたい場合は何時頃に現地に赴いて、どういったルートを歩くか?

事前の計画が重要となってきます。

これらの情報をまとめたのが以下の記事なので是非参考にして下さい。

参考記事:
足立の花火【2016】日程と屋台露店の出店と混雑しない駅

 

またメインイベント花火大会ですが、できるだけ花火を見る為過度なの場所取りや混雑状況を避けたのが、皆さんの本音だと思います。

こういった問題を解消する為に、お金を払って有料席や屋形船を確保するか?

もしくは、花火はしっかり見えるけれども、あまり混雑しない、所謂、花火を見る場所の穴場スポットの場所取りをするか?

という選択肢が大まかに分けるとあると思います。

一体どの選択肢が自分にとって一番メリットが大きいのか、なかなか分からないと思いますので、

以下の記事で詳細をまとめたので参考にして下さい!

参考記事:
足立の花火2016有料屋形船と穴場スポットの場所取り時間

 

 

7月26日(火)
葛飾納涼花火大会

音楽スターマイン花火の様子


出典 エンドレジ

 

東京都と千葉県で挟む江戸川にて開催される『葛飾納涼花火大会』

この祭りも足立の花火と同じく大変混みあいますので、混雑が少ない最寄り駅や屋台、露店の出店場所を選んだり、

混雑と場所取りの必要のない花火を見る穴場スポットを事前に知っておきたいところです。

以下の2記事で詳細を解説しているので参考にして下さい!

参考記事【1】:
葛飾の花火2016の日程と屋台露店の出店の場所と最寄り駅

 

参考記事【2】:
葛飾の花火の有料席と見る場所の穴場スポット場所取りの時間

 

7月30日(土)は大きな花火大会が3つ同時に開催!

7月30日(土)は都内有数の花火大会が3つ同時に開催されます。

1つずつ紹介していきますね。

【1】八王子花火大会

2015年のグランドフィナーレの様子


出典 uma119

 

こちらの花火大会は、他の花火大会と違って有料席がありません。

メイン会場が八王子市民球場なのですが、ここは14時から開放されており、満員になり次第、門を閉められてしまいます。

なので球場内で花火を見たい場合、14時近くの早い時間に現地にいって炎天下の中、場所取りをする必要があります。

当然人混みの混雑状況を結構なものです。

こういった混雑や過度な場所取りが必要ない花火を見る穴場スポットを以下で紹介しているので参考にして下さい!

参考記事:
八王子花火大会2016見える場所の穴場スポットと屋台出店

 

【2】立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

爆音注意!!! 2015 立川まつり国営昭和記念公園花火大会


出典 super shadow

 

この立川まつり国営昭和記念公園花火大会の特徴と注意点を幾つか挙げますと、

【1】

会場に入るのに入園料が必要(有料席とは別)

 

【2】

最寄り駅が幾つもあるが、最も近い駅はホームが非常に狭く、混雑が激しく利用を避けた方が良い。

 

【3】

どの花火大会もそうですが、メイン会場は混雑するので、避けたい方は有料席や、場所取りが必要ない花火が見える穴場スポットを確保した方が良い。

ここの穴場スポットはレストランやビアガーデンから花火が見えるのでオススメ

 

といった事が挙げられます。

これらの詳細を以下の記事でまとめています!

参考記事:
立川花火大会2016見える場所の穴場スポットと屋台と日程

 

【3】日本最古の花火大会 隅田川花火大会


出典 Discover Nippon

 

隅田川花火大会の歴史を紐解くと、起源は江戸時代まで遡り、その歴史は日本で最も深いものとなっております。

現在の規模も最大級で、花火会場が3つも設けられて開催されます。

会場が分けられている都合上、各々の会場の混雑状況や屋台、露店の出店状況、最寄り駅からの距離などに差があるため、

どの会場で花火と屋台を楽しもうか迷ってしまう方が多いようです。

以下の記事で各会場の最寄り駅と、屋台、露店の状況と混雑状況の違いについてまとめましたので、

1度読んでみて、自分の要望に合った会場で花火、屋台露店を楽しみましょう!

参考記事:
隅田川花火大会2016 打ち上げ場所の最寄り駅と交通規制

 

花火大会に参加する際に最も気になるのが、花火が見える場所の穴場スポットはどこか?という事かと思いますが、

隅田川花火大会は、その規模の大きさから、有料席(協賛席)や屋形舟や花火が見えるレストラン、ホテルなのが非常に沢山あるのが最大の特徴!

高層ビルが立ち並ぶ都会だからこそ、高位に位置するレストランやホテルから絶世の夜景を見ながら『花火を見下ろし』、食事を楽しむ事ができます!

以下に東京スカイツリーのソラマチの他に、花火鑑賞のプランを実施している穴場のホテルやレストランバーを紹介してます。

参考記事【1】
隅田川花火大会2016有料席と場所取りの時間のとコツ【1】

 

参考記事【2】
隅田川花火大会2016有料席と場所取りの時間のとコツ【2】

 

7月の神奈川県では鎌倉花火大会!

鎌倉にいち早く夏を伝える『鎌倉花火大会』

由比ヶ浜海岸・材木座海岸沿いで打ち上げられるこの花火大会ですが、海岸沿いの場所は、さすがに混雑は避けられないので、

多少距離を歩く事を覚悟してでも、混雑や場所取りが不要な穴場スポットで花火を鑑賞したい方も多いかと思います。

以下の記事でこれらの情報の詳細を解説しているので是非参考にして下さい。

参考記事:
鎌倉花火大会2016の日程と有料席などの穴場スポット5選

 

8月2日は神奈川新聞花火大会

こちらも関東トップクラスの大規模な花火大会の神奈川新聞花火大会。

混雑を避ける穴場スポットや詳細情報はこちら!

参考記事:
神奈川新聞花火2016穴場スポット有料席と協賛席の口コミ

 

 

神奈川新聞花火2016 ホテルやクルーズなど観覧席の評判

 

以上7月8月の大規模な夏祭り、花火大会情報の一覧でした。

あわせて読みたいこちらの記事

関東、関西、名古屋など夏祭り、花火大会、浴衣情報まとめ
花火デート向けの人気の浴衣ブランドと浴衣以外のコーデは?