神奈川県鎌倉に夏の到来を伝える『鎌倉花火大会』

大勢の方が集まるこの花火大会ですが、できるだけ混雑や花火を見る際の場所取りなどをしなくても鑑賞したいものです。

この記事では鎌倉花火大会の日程などの基本的な情報から、混雑や場所取りのいらない穴場スポットを紹介しています。

 

また花火大会は浴衣を着てデートしたい…

と考えている人は浴衣のブランドはどうするか?

浴衣に合った髪型ってどうすれば良いのか?

…など、迷ってしまう方が多いようです。

以下の記事で最近のトレンドの浴衣ブランドや浴衣のコーデ、花火デート時に持って行った方が良い持ち物など、

まとめて解説しているので参考にして下さい。

参考記事:

スポンサードリンク

鎌倉花火大会の日程

 

【日にち】

2017年7月19日(水)

 

鎌倉花火大会の時間

 

【時間】

19時20分~20時10分

 

花火の打ち上げ場所は?

【花火の打ち上げ場所】

神奈川県鎌倉市  由比ヶ浜海岸・材木座海岸

 

雨天時は延期?中止?

 

19日が雨天だった場合は翌日20日(木)に延期となります。

20日(木)も雨天だった場合は中止となります。

当日天気があいまいで、延期、中止の判断がご自身でできない場合は以下の運営者に電話で確認をお願いします。

 

鎌倉市観光協会の電話番号:

0467-23-3050

 

最寄り駅

最寄り駅でのアクセスは以下の公式サイトに詳しく書いてあるので、参考にして下さい!

鎌倉市観光協会:

鎌倉花火大会の最寄り駅へのアクセス情報

 

当日の交通規制

 

今年の交通規制の詳細がまだ分かっていませんが、おそらく去年と同じ場所に交通規制をかけると思うので、去年交通規制の状況を記載いておきます。

鎌倉花火大会交通規制

 

屋台、露店の出店情報

スポンサードリンク
 

無題

 

屋台、露店は海岸沿いに多数出店されますが、特に由比ガ浜の方が沢山出店されているのでオススメです!

 

皆知りたい
鎌倉花火大会の混雑や場所取りのいらない穴場スポット

出典 asihika3891

 

皆さんが最も知りたい事かと思います、混雑や場所取りがいらない鎌倉花火大会の花火が見える場所の穴場スポットを紹介していきます。

 

【1】木材座海岸


少し早めに来て場所取りする必要はありますが、最寄り駅から近くで無料で見たい場合は、この場所がオススメです!

理由は西側の由比ガ浜海水浴場より海水浴客が少ない為、そのまま花火を見ようとする場合が多いからです。

場所取りする場合は日中からするかと思いますので、その際は万全な日焼け対策をしていましょう!

参考記事:

日焼け対策にオススメの服装から食べ物など完全日焼け対策法

 

【2】最も無難な選択肢か?有料席

混雑や場所取りがいらない穴場スポットの場所として、最もポピュラーなのが『有料席』です。

 

毎年約500席の有料席が用意されており、チケットの価格が5,500円で購入可能です。

詳細は以下の公式サイトからできます。

鎌倉市観光協会のホームページ:

http://www.kamakura-info.jp/

 

【3】江ノ島まで見渡せる!披露山公園


打ち上げ場所から約2km程と、それなりに離れた場所ですが、その分混雑や場所取りが必要のない穴場スポット『披露山公園』

このスポットの最大の特徴が江ノ島までが見渡せる景観です!

 

【4】大崎公園


披露山公園よりも更に会場から遠いですが、その分、混雑や場所取りとは無縁の穴場スポットです。

ただ混雑を避ける事と、最寄り駅から長い時間かけて歩く事、どっちが得か考えると、流石にここまで歩くのはジンドイかと思います。

どちらかと言うと、地元の人が集まってみる場合にオススメの穴場スポットです!

 

【5】鎌倉海浜公園


正直、最寄り駅からの距離、無料であること、混雑しない事、場所取りの必要がない事、総合的に考えて最もオススメの穴場スポトがこちら。

鎌倉海浜公園 です!

この公園は

【1】

大きな芝生広場がある由比ヶ浜地区

 

【2】

展望台がある稲村ガ崎地区

 

【3】

海を間近に臨む坂ノ下地区

大まかに3つの穴場スポットがありますが、

この中でも特にオススメなのが由比ヶ浜地区で場所が高台になっており、芝生スペースやグランドもあるので広々としているからです。

 

以上鎌倉花火大会についての詳細情報でした。

あわせて読みたいこちらの記事