東海地方に初夏を伝える『尾張西枇杷島まつり』。

意外と知られていない尾張西枇杷島祭りの歴史やオススメの穴場の花火スポットの場所と時間、アクセス方法について詳細をまとめています。

スポンサードリンク

尾張西枇杷島祭りの歴史

 

尾張西枇杷島まつりは、橋詰神社、六軒神社の氏神(その地域で古くから共同で祀られている神)である天王社(牛頭天王・スサノオ)を祀り、疫病退散を願う祭りです。

以前は5月に開催されたいた事もありましたが、現在では6月の第一土曜日と第一日曜日に開催されるようになりました。

 

尾張西枇杷島祭りの日程、時間

 

日程は先述した通り、6月の第一土曜と日曜日で

今年は6月3日(土)と4日(日)です。

時間は3日の12時から21時まで祭りが開催され、花火は4日の19:30~20:15まで打ち上げます。

4日は10:00~まつりセレモニーを「いこいの広場」で実施されます。

 

実は今年は熱田祭りと同じ日程だったりします。

今年の熱田祭り前夜祭情報と花火の時間と穴場&屋台の場所

 

屋台の場所は??

 

屋台の場所は庄内川の北側沿いです。

 

花火の打ち上げ場所と
オススメ穴場スポット

 

花火の打ち上げ場所は清須リバーランドです。

 


人混みを避けて落ち着いた雰囲気で花火を見る時の穴場スポットは清須リバーランドの庄内川を挟んだ対岸です。

庄内川の北側は屋台が多い分人が集まりやすいので、逆に対岸は人が少なく、且つ花火が良く見えます!

スポンサードリンク

 

車で祭りに参加する際の
駐車場はどこにする?

 

祭りに車で参加されたい方もいらっしゃるかと思いますが原則車でのアクセスはオススメしません。

こちらの祭り会場と交通規制情報を見て頂くと分かると思いますが

近辺は交通規制が激しく、また祭りの運営者側の立場として緊急事態に備えて救急車や消防車がすぐにアクセスできるような体制を整えたい、という気持ちがある為、当日は車で参加するのは控えた方が良いでしょう。

それでも車で行きたいという方はある程度離れた所に車を停め、ある程度歩く必要がある事は覚悟した方が良いと思います。

以下に比較的近い駐車場を紹介します。

【1】名鉄協商東枇杷島駅前 駐車場

 


所在地:愛知県名古屋市西区枇杷島2丁目6

台数:5台

料金:全日 30分 (00:00 – 24:00) 100円

最大料金:全日 (08:00 – 22:00) 800円、全日 (22:00 – 08:00) 400円

 

【2】タイムズ枇杷島1丁目


所在地:愛知県名古屋市西区枇杷島1丁目12

台数:42台

料金:07:00-20:00 30分 200円、20:00-07:00 60分 100円

最大料金:1,000円

 

比較的近く、祭りの交通規制に引っかからない駐車場は以上ですが、徒歩で10分以上はかかるかと思うのであまりオススメはしません。

 

祭りを楽しむ為にしっかりと準備を整えよう

 

祭りに限らず、何事も楽しむ為にはそれ相応の準備が必要です。

日中から屋台など楽しみたい方は日焼け対策を万全にしていきましょう!

比較的まだ涼しい6月ですが、思いの外日中は日差しが強いですし、夏本番に入る前に焼けるのはちょっとマズイですよね…?

 

 

夏祭りをカップルでデートを楽しみたい方は彼氏、彼女双方で相手を気遣う為の様々なアイテムを持って行きましょう。

こういった持ち物を事前準備する事で好感度アップ間違いないです。

 

 

以上、熱田まつりを楽しむ為の、祭りの歴史から日時、花火や屋台の情報などまとめてきました。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

あわせて読みたいこちらの記事

今年の愛知県名古屋市の夏祭り6月7月8月花火の日程一覧