COOLOVELY

COOLOVELY(クーラブリー) レディース向けのメイク、ネイル、髪型やメンズ向けのファッションやデート情報など発信し、『cool(カッコイイ)』、『lovely(可愛らしい)』を提供するブログサイトです

元カノと復縁したい!失敗しないメールの内容例文と頻度

      2016/05/04

元カレとよりを戻したい時の
メール、ラインの内容例文特集

スポンサードリンク

 

 

別れてしまった元カレと、よりを戻したい…

でも連絡してよいのか?

メールやラインをするにもきっかけが掴めない…

内容もどうしたら良いか分からない…

連絡とっても無視されたらどうしよう…

 

……っと色々と悩まれる方が多いかと思います。

 

そこで当記事では元カレと復縁したい時のメール、ラインの例文の内容や適切な連絡の頻度など、

詳しく解説していきます。

 

じっくりと間を置こう元カノに
復縁メール(ライン)送る前の適切な冷却期間とは?

 

まだ未練があるからこそ、すぐにでもメール(LINE)を送りたくなるのが男性心理かと思いますが、

ある程度「冷却期間」を置かないとこれもまた逆効果です。

この冷却期間の置き方を失敗して復縁に至らない場合が非常が多いです。

その原因は男女で未練の感じやすさに大きく差があるからです。

 

この事から男性が元カノに復縁を求める場合の冷却期間は

短くても半年 長くみて1年~2年ほど間を置いた方が良いです。

 

男性の感覚からすると、とても長く感じるかもしれませんが、あくまで女性心理に沿った行動を取ることが賢明です。

 

 

 

復縁が成就するかどうかは
メール(ライン)の『頻度』で決まる

 

具体的な元カノへの復縁のメール(LINE)の例文の内容を紹介する前に知っておきたい事があります。

それはメール(LINE)をする『頻度』です。

 

復縁のきっかけとなるメール(LINE)を送っていても、適切な頻度を見誤るとかえって逆効果です。

 

復縁のメール(LINE)の頻度は
『自分からは週に1回程度』が適切

 

元カノとの復縁のきっかけとなるメール(LINE)の頻度は

 

自分からは週1回程度

 

が適切と言えます。それ以上の頻度でメールをしてしまうと

復縁の意思がある事や未練がある事が伝わってしまい、警戒させてしまうおそれがあるからです。

 

返信のタイミングも大事

 

未練のある元カノから返信がきた場合、歓喜して即返信したくなる方が殆どかと思います。

その気持ち、よく分かりますが焦りは厳禁です。

あまりにも即返信していると、焦っていると思われてしまうので、落ち着いて少し間を置いて返信しましょう。

 

目安として1~2日程間を置いて返信するのが無難です。

只、相手の返信が早い場合は、相手の頻度に合わせるのもアリです。

 

 

また現在ではLINE(ライン)が主なメッセージのやりとりをする手段かと思いますが、既読を付けずにメッセージを読みたい方もいらっしゃるかと思います。

以下のリンク先に既読をつけずにメッセージを読む方法が載っているので参考にして下さい。

 

>>LINEアプリで「既読」をつけない7つの方法
【iPhone・Android・PC対応】

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

元カノに復縁のメール(ライン)を送る時のきっかけの作り方

 

 

元カノと復縁する為にメール(ライン)を送ろうと思っても、復縁あからさまに復縁を匂わせる内容だと相手も警戒するので、きっかけ作りに困る事が非常に多いかと思います。

まずは、復縁メール(ライン)のきっかけ作りの例文内容をシチュエーション別で幾つか紹介していきます。

 

 

きっかけ作り【1】
共通の友達の話題をきっかけにする

 

 

復縁メール(ライン)のきっかけ作りパターン【1】が

『共通の友達の話題をきっかけにする』です。

 

メール(ライン)の例文の内容を挙げると

 

「知ってる?今度〇〇(共通の友達)が結婚するみたいなんだけど

△△(元カノ)は参加する??」

 

 

「今度××(共通の友達)と何人かでディズニーランド行くんだけど、

人数足りなくて困ってるんだ…よかったら参加しない??」

 

……っといった内容です。

 

こういったメール(ライン)を起点に会話が弾む事もありますし、自然と久々に会う事もできる可能性もあるのでオススメです。

 

 

きっかけ作り【2】
率直に近況を聞く

 

 

実にシンプルな方法ですが

『率直に近況を聞く』

のもアリです。

 

メール(ライン)の内容の例文を挙げると…

 

「テレビで大雪が降ったって聞いたんだけど、そっち大丈夫??」

 

といった内容や

 

「そろそろ就活終わった??

この前3社面接受けたけど全部ダメだったよ~(涙)

 

といった内容です。

 

こういった近況ネタは季節ごとの出来事と絡めると幾らでもできます。

例えば

 

  • 春…進級、進学、異動など
  • 夏…夏休み、お盆休みの過ごし方 台風の影響
  • 秋…残暑見舞い
  • 冬…年末年始の過ごし方

などです。

 

この近況を聞くきっかけ作りはシンプルでやりやすいのですが注意点として

 

聞きっぱなしにならない事が挙げられます。

「最近どう?」だけで終わってしまうと内容が不自然で、相手に警戒されがちです。

 

だから

『聞きっぱなしにならず、このタイミングで元カノに近況を聞く理由が自然な感じで明確になっている』

事が理想的です。

 

また近況メール(ライン)は使いやすい分、頻度を適度に開ける事も大事です。

 

きっかけ作り【3】
SNSから心境を察する

 

こちらはなかなかチャンスが少ないですが、その分効果的です。

例えとメールの内容の例文を挙げると、

SNSで

「仕事でいつもいつも同じミスばっかりしちゃう…
私ってやっぱこの仕事向いてないのかな?」

 

といった発言があった場合、

「久しぶり^^俺最近会社で上司に怒られてばっかで最悪 笑

○○(元カノ)は芯が強くていつも自分の思ったことを実行してるって感じで凄いよな~

最近どう??」

 

といった感じで相手の心境に乗っかる形のメール(ライン)を送ると良いです。

なので元カノのSNS上での発言はマメにチェックしておくと良いでしょう。

 

 

きっかけ作り【4】
元カノの好きな情報をきっかけのネタにする

 

元カノが好きな芸能人、アーティスト、音楽CDの発売、イベント、ライブ情報、テレビ出演情報など…

元カノが好きな情報を提供をしメール(ライン)のきっかけにするのも効果大です。

 

メール(ライン)の内容の例文を挙げますと

 

「○○駅で△△のこんなポスター見かけたよ!やっぱ可愛いよね~^^」

 

といったようなシンプルな内容でOKです。

 

 

きっかけ作り【5】
元カノの誕生日を祝う

 

元カノの誕生日は素直にお祝いのメッセージを送りましょう。

メールの内容の例文として

 

「誕生日おめでとう^^更なる飛躍を応援しています!」

 

程度のさっぱりとした内容に留めておきましょう

またこのお祝いのメッセージに返信は期待しないように。

あくまでメール(ライン)を送る事に意味がある事を覚えておきましょう。

 

メール(ライン)を送っても無視されている場合

 

元カノにメール(ライン)を送っても無視や既読スルーされる事も往々とあるかと思います。

そういった場合の元カノの心理をパターン別で分析していきます。

 

 

【1】すでに好きな人がいる場合

 

復縁を求めている方にとっては酷な現実かと思いますがメール(LINE)を無視されている可能性として大きいのが

『すでに好きな人がいる』場合です。

 

正直この場合、復縁のメール(LINE)をいくら送ってもよりを戻す事は困難で

逆にそういったメールを送れば送るほど、元カノの関係は悪くなってしまうでしょう。

 

というのも、男性と女性の違いとして大きいのが「気持ちの切り替えの早さです」

 

パソコンでネット上の画像を保存する場合で例えると

男性は新たに好きな女性ができた場合、『名前を付けて保存』します(だから過去の女性の事をいつまでも覚えている)

対して女性は好きな男性ができた場合、『上書き保存』します(だから過去の男性に関して気持ちの切り替えが早い)

 

なので、残酷な話かもしれませんが、既に好きな男性ができてしまった元カノに対しては復縁は極めて困難といえます。

 

【2】どう返信したら良いか分からない場合

 

例えば

過去に付き合っていた慣れ合いから

 

「最近どう返信?」

「今何してる?」

 

っと素っ気ない内容のメール(LINE)を送ってしまっている場合が意外と多いです。

単純にどうやって返信したらよいか分からないので相手は困ってしまいます。

 

また気持ちが強いあまりに長文で重苦しい気持ちが篭ったメールを送ってしまった場合も相手は返信しづらいです(送りたくなる気持ちはよく分かりますが)

 

なので先ほど紹介した復縁メール(LINE)の例文の内容を参考の元、相手に変に気を遣わせる事のない内容に心かけましょう。

 

 

基本的に無視されている場合は復縁の可能性は低い

 

残酷ですが

『こちらのメール(LINE)を無視されている時点で復縁の可能性は低い』

という事です。

元カノに復縁の気持ちが僅かながらあったり、恋人ではないにしろ、今後も友人として仲良くやっていきたいと思っていたら、

遅くなっても何らかのレスポンスをするはずです。

それでも未練のある男性は

「もしかしたらメールを見過ごしてるのかな?」

…など都合の良い方に希望を見出してしまいがちです。

 

残念ですがこういった場合、新たに好きな人を探した方が健全と言えます。

 

 

 

 - 恋愛