ショッピングセンターで買い物をしていてレストローズが入っていると、ひときわ目を引き付けられませんか?

フェミニンさが溢れていますよね。

それもそのはず、レストローズのコンセプトは

「ネオ フェミニン」

いくつになってもピュアな心を持ち続ける、女性らしくかわいらしいテイストに程よいトレンドを取り入れているスタイルを売りにしています。

そんなレストローズの福袋は毎年人気です。

「間違いなくかわいい服が入っている福袋!」とのこと・・・。

これは期待できますね。

では実際これまでどうだったのか見てみましょう。

参考記事:

スポンサードリンク

これまでの
レストローズの
福袋の中身ネタバレ!

レストローズの福袋は例年10000円。

2017年は総額4~5万円の4アイテムが入っています。

もともと価格が高めのレストローズなので、10000円で4アイテム買えるというのは充分コストパフォーマンスが良いですね。

内容は

  • ワンピース、ジャケット、コートのうち1点
  • トップス
  • ボトムス
  • 小物

になっています。

このワンピース、ジャケット、コートの部分でどんなものが入っているかで当たりなのか鬱袋になるのかが決まりそうですね。

では実際のネタバレを見てみましょう。

 

入っているものはどの袋もバラバラのタイプみたいですね。

 

事前情報と違ってワンピースが2つ入っていたようです。

そんなこともあるんですね。

 

レストローズを彷彿させる花柄ですが全体的にシックなアイテムですね。

 

福袋にセットアップが入っているのは個人的に嬉しいですね。

よく福袋だと売れ残ったセットアップの片方だけ入っていたりしますからね。

ちゃんとセットで入っているのはポイント高しです。

ただし2017年は鬱袋だったという声もあるんです。

 

 

どれも使えない、という理由とレストローズっぽい服が入っていないという理由が挙げられます。

確かにレストローズらしくないというのはこのブランドがいいからこそ選んでいるので残念に思うかもしれません。

でもアイテム自体が使えるなら良いですよね。

この鬱袋評判、他の年はどうだったんでしょうか?

2016年は

 

 

どうやら入っている中身が同じみたいですね。

ということは福袋オリジナル商品なんでしょうか?

ハズレだったという声もありますが、全体的に評価は悪くありません。

やはり福袋限定商品で固定のものが入っているタイプははずれが少ないですよね。

一方既存商品と同じものが入っている方がお得感はあります。

でも売れ残りのようなものが入っているというリスクも・・・。

どちらのタイプが良いかはそれぞれの福袋への好みになりそうです。

参考記事:

スポンサードリンク
 

レストローズの福袋は
どうやって予約するの?

もちろん初売り当日に店舗、もしくはオンラインサイトにて販売をしています。

でも各店舗の手持ちの数量がなくなり次第販売終了!

狭き門な感じがしますね。

それにオンラインは全国どこからでもできるだけあってさらに競争率が高い気がします。

この初売りで買い損ねてしまうと最後なので、年末の先行予約から挑戦していきましょう。

毎年12月上旬に公式オンラインサイトから予約を受付けています。

この予約開始時刻はネットがつながりにくくなりこともあり得ます。

事前の会員登録、ログインを済ませてスタンバイしましょう。

開始時刻になったらすぐに更新、福袋販売ページを表示して迷わず会計に進みましょう。

そのくらいネットの先行予約は事前のイメトレとスピードが大切ですよ。

また公式オンラインサイト以外にも各ブランドの福袋を販売している通販サイトからも予約ができます。

2017年の予約情報を見ると

  • ファッションウォーカー
  • 楽天ブランドアベニュー
  • 西武・そごうのeデパート
  • 阪急オンラインショッピング

これらのサイトから予約ができたようなので情報をチェックしてみてください。

おすすめなのはメルマガ会員登録をしておくことです。

そうすると会員限定で先に情報を送ってくれることもありますよ。

こうして初売り前に手に入れるチャンスはたくさんあります。

どうしてもだめだったときに初売りに並んで購入するのをおすすめします。

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事