年末年始になるとさまざまなブランドから一斉に売り出される福袋

価格以上のアイテムをリーズナブルに手に入れられるとあって、どこのブランドでも争奪戦です(笑)

福袋はそれぞれのブランドによって入っている物も違うし、特徴が異なります。

シンプルかつカジュアルでありながら、その高い品質と都会的なおしゃれなデザインで人気のセレクトショップ「アーバンリサーチ」も毎年質の高い福袋を提案してくれているんです。

レディースはもちろんのこと、メンズの福袋もその種類の多さとクオリティーにほんとうに驚かされます。

アーバンリサーチのメンズは、20代~3,40代の働く男性たちが肩を張り過ぎることなく、リラックス感のある日常を送るための、おしゃれで洗練されたアイテムをたくさん提供してくれています。

そんなアーバンのメンズ福袋は毎年どんなアイテムが含まれているんでしょうか。

ここではアーバンメンズのこれまでの福袋の中身ネタバレや、確実にゲットするために役立つ情報をお伝えしていきたいと思います。

参考記事:

スポンサードリンク

アーバンリサーチの
メンズ福袋の
中身詳細

アーバンリサーチはさらに各ブランドに分かれ、同じブランドでも取り扱うアイテムの雰囲気や、提案するイメージスタイルは異なります。

メンズの福袋は大きく分けて3種類あるので、それぞれご紹介していきますね。

アーバンリサーチメンズ
価格:税込み10800円

本家と言いますか、大元ともいうでしょうか。アーバンリサーチメンズの過去に出された福袋はこんな感じ。

 

  • グレーのチェスターコート
  • チェックのネルシャツ
  • トップス
  • 薄手のTシャツ2枚(Vネック、ラウンドネック)

の計5点ですね~全体的に落ち着いた色合いでまとめられているような感じです。トップスが多いのが特徴ですね。

 

こちらは

ネイビーのチェスターコート

白とグレーのニット

ネルシャツにソックス

 

の計4点が入った内容です。柄物が結構入っているので、若々しい感じがしますね~

 

 

さらにこちらは

 

  • 黒のコート
  • グレーのトレーナー
  • チェックのネルシャツ
  • 白のTシャツ
  • ソックス

の計5点です。

どれもだいたい4~5点のアイテムで、コートを中心にトップスと小物が入っているのが特徴ですね。

これだけ…?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アーバンはそもそもトップスだけでも6~7000円はするので、この中身だけでも総額45000円相当のアイテムが入っています。

参考記事:

 

アーバンリサーチ
「ドアーズ」メンズ
価格:税込み10800円

ドアーズはカジュアルでベーシックなライフスタイルを提案するブランドです。ドアーズの福袋はこんな中身が入ってました~

バッグを含む、計5点が入っていますね。中身の詳細を見ていくと、

ネイビーの中綿ステンカラーコート、白のケーブルニット、ネイビーのダンガリーシャツ、ソックス、カーキのトートバッグですね♪ 着回し力の高いアイテムぞろいです。

こちらは、フード付きの中綿コート、アイボリーのニットプルオーバー、チェックのネルシャツ、トートバッグ、ソックスにカレンダーの計6点です。

参考記事:

 

アーバンリサーチ
「ロッソ」メンズ
価格:税込み10800円

 

でも3種類ともアウター、ニット、シャツ、ソックスなどが必ず入っているようです。カラーも無地素材が多いのが特徴ですね。

サイズはすべてMとLの2展開となっています。

 

アーバンリサーチ
メンズの福袋
予約日は

アーバンの福袋はメンズ・レディース共に人気があるので、すぐに売り切れてしまう傾向があります。なので、予約をして手に入れるのが確実だと思いますよ。

アーバンの公式サイトや、各通販サイトで予約することができます。

例年の傾向を見ると、まず11月末に公式サイトで先行予約で申し込めます。その後順に色んなサイトで注文予約できるようですよ☆

ちなみに2017年はこんな感じでした!

 

・2016年11月29日(火) アーバンリサーチ公式サイトにて予約開始

・2016年12月1日(木) 楽天市場、アウトレットピークにてスタート

・2016年12月3日(土) 東急百貨店にて予約開始

・2016年12月7日(水) ゾゾタウンにてスタート

・2016年12月9日(金) アウトレットピーク第二弾開始

 

公式サイトでもし見逃したり、受け付けが終わっていても、他のサイトでも申し込めるのが助かりますよね。

アーバンリサーチは少しお高めで普段はなかなか買えない…という方でも福袋ならかなりお得に買えちゃいますよ!

年末が近づいてきたら、公式サイトの情報をチェックして、お早めに予約することをお勧めしたいと思います!

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事