出典 https://beauty.hotpepper.jp/

 

サイドを短く刈り上げているのですっきり爽やかに見えます。

ツーブロックといっても刈り上げ度合い、トップの長さによって色んなスタイルができるんです。

 

ツーブロックに初挑戦したい人、ツーブロックが好きだけどいつも同じ感じになってしまうのでスタイルが違うツーブロックがしたい人、そんな人へのアイデアとしてツーブロックのスタイル集を作ってみました。

 

爽やかになるショートのツーブロック10選です。

スポンサードリンク

 

ストレートヘア×
ツーブロック


出典 http://img.beauty-box.jp/

 

耳上の髪を軽く刈り上げているので、見るからにツーブロックというわけではありませんがスッキリ見えます。

ツーブロック初心者でもやりやすい隠しツーブロックです。

参考記事:

天パ×ツーブロック


出典 http://img.beauty-box.jp/

 

天パを活かしてパーマ風にすると一気におしゃれヘアに。

扱いやすいようにサイドはクセが出ない短さにしっかり刈り上げます。

モヒカンっぽいスタイルにして前髪はオールバックのように長さに流します。

参考記事:

スポンサードリンク
 

七三×ツーブロック


出典 http://xn--ccksp3dugof.asia/

 

しっかり前髪を分けたい人は七三ツーブロックにしましょう。

トップとサイドをグラデーションにするのではなく、はっきりと差をつけます。

 

境目を七三にする毛で隠すようにして七三にしましょう。

グリースとワックスを混ぜたものでスタイリングすると程よいツヤとセット力でスタイリングできます。

参考記事:

ショートウルフ×ツーブロック


出典 http://xn--ccke6dya6j0eoer307a5hbo30c5f0m.com/

 

相容れなそうに思えウルフヘアとツーブロックですが、ウルフヘアでもツーブロックにすることは可能です。

もみあげから耳周りを短めに刈り上げます。

 

襟足は長めにしてセットするときに外ハネにするとよりウルフっぽくなります。

ツーブロックを入れることで、普通のウルフよりすっきり感が出て爽やかになります。

参考記事:

 

パーマ×ツーブロック


出典 http://img-beautynavi.woman.excite.co.jp/

 

男らしいパーマスタイルです。

パーマって柔らかい草食系な印象になりがちですがスポーツ刈りのようなシェルエットにすると印象が変わります。

トップだけをスタイリングすればいいのでセットも楽ですよ。

参考記事:

 
スポンサードリンク
 

ビジネスシーン向け
ツーブロック


出典 https://mens-hairstyle.jp/

 

ビジネスシーンなら自然なツーブロックがおすすめ。

社風や外部の人と会うかにもよりますが、どちらにしてもビジネス爽やかさは必須です。

トップはきちっと感がでるアップバングや七三にもできます。

参考記事:

 

30代の大人向け
ツーブロック


出典 http://img-beautynavi.woman.excite.co.jp/

 

大人の魅力を出すべくおしゃれの中にも落ち着きを入れるのが正解です。

毛先がオールバック風のトップもツーブロックにしているのでおじさんっぽくはならずにセットできます。

オフの日はヘアアイロンでパーマ風にアレンジすることもできますよ。

参考記事:

 

丸顔向けツーブロック


出典 http://xn--ccke6dya6j0eoer307a5hbo30c5f0m.com/

 

丸顔の人は縦のラインが出るようにトップを長めにしましょう。

すっきりおでこを出してアップバング風にするといいですよ。

参考記事:

スポンサードリンク
 

アシメ×
ツーブロック

出典 http://xn--ccke6dya6j0eoer307a5hbo30c5f0m.com/

 

おしゃれさ重視のアシメツーブロックです。

トップ髪を流す方も刈り上げを少なめにします。

 

一方、反対側はこめかみ上まで思いっきり刈り込みましょう。

 
 

外国人風
ショートツーブロック


出典 http://tophair.jp/wp/

 

こめかみからサイドにかけて刈り上げたツーブロックです。

毛先はピンパーマを当てて街区個人のような柔らかな雰囲気を出しましょう。

カラーは刈り上げや部分は暗め、トップにかけて明るくすると外国人の地毛のようなグラデーションになります。

好みのツーブロック、やってみたいツーブロックはありましたか?

色んな形に挑戦してヘアスタイルを楽しんでくださいね。

あわせて読みたい
こちらの記事: