おしゃれ坊主は爽やかでヘアセットもしやすいと好評ですね。

でももっとおしゃれ感を出したい!という人はツーブロック風にするのがおすすめです。

さっぱりしてみえるので暑くなる季節にもピッタリですね。

坊主なのにツーブロックってどうなっているの?と思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事を見るとバリエーションに驚きますよ。

参考記事:

スポンサードリンク

坊主で作る
ベーシックな
ツーブロックスタイル

ベーシックの
ツーブロック坊主


出典 https://news.biglobe.ne.jp/

坊主が伸びてきたらできるヘアスタイルです。

とりあえず襟足とサイドを刈り上げればOKです。

普通のツーブロックよりも短めに刈り上げるといいですよ。

ツーブロックの仕方はこんな感じです。


出典 エイチ兄さん

けっこう簡単に自分でできそうですね。

 

丸刈りツーブロック


出典 http://メンズ髪型.up.n.seesaa.net/

 

すっきりと坊主にしたい!という人はこれくらいのツーブロックをいれるだけでグンと垢抜けます。

年齢問わずできるスタイルなので、ツーブロックをしてみたいという人なら試してみましょう。

 

モヒカン風


出典 https://imgbp.hotp.jp/

 

サイドの刈り上げるところをまっすぐのラインになるように刈り上げるとモヒカン風になります。

ある程度トップに長さがある人ができるスタイルですね。

モヒカンの幅、つまり残すトップの髪の部分の幅を細くするほど個性的になります。

あまり個性的なのは…という人は幅を太めに刈り上げましょう。

その場合は残したトップの長さを二段階にします。

そうすることで、幅があってもちゃんとモヒカンっぽくなりますよ。

スポンサードリンク
 

七三風ツーブロック坊主


出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

 

思い切って綺麗にまっすぐトップ以外を刈り上げます。

最初に切らないトップの部分を上げてしっかりピンで留めて置いてから一直線にバリカンでラインを入れます。

そのラインを見ながら刈り上げるときれいにまっすぐになりますよ。

残ったトップは横に流して七三にすれば個性的なツーブロックも落ち着いて見えます。

トップが長めだとアシメっぽくもなりますよ。

 

フェードスタイル


出典 https://news.biglobe.ne.jp/

 

綺麗なグラデーションになるように上から下にかけて薄くなっているフェードタイプのツーブロックです。

技術がいりそうなヘアスタイルですよね。

もちろんそうなんですが、バリカンで徐々に短くしていけばセルフカットすることも可能です。

ポイントはグラデーションのかけかたですね。


出典 T9484

これは完全な坊主にしていますが、これを応用してトップのアタッチメントの長さを替えればツーブロック風になりますよ。

アメリカではメンズに人気のヘアスタイルです。

特にこんな感じのアーミースタイルはかっこいいですね。

刈り上がった後に前髪の生え際、もみあげをカミソリでしっかり剃って綺麗にまっすぐにするとアーミースタイルになります。

参考記事:

 

スポンサードリンク
 

個性を出した
おしゃれ
ツーブロック坊主

ナチュラルパーマ


出典 http://head-labo.jp/

サイドをしっかり刈り上げるベーシックなツーブロックにした後、残りの髪に柔らかいパーマをかけるだけでぐんとおしゃれに!

トップがもっと短くてもOKですよ。

 

パーマ×剃り込み


出典 http://おしゃれ髪型.xyz/

短めのトップにパーマをかけます。

パーマがかかっているところ以外は刈り上げて、境目に剃り込みを入れると個性的なパーマのツーブロックに!

こんなふうにどんなツーブロックのおしゃれ坊主も剃り込みを入れるとおしゃれな雰囲気が増します。

やってみると意外に難しい剃り込み。

基本のやり方こんな感じです。


出典 濱田祥利

慣れていないうちはできあがり・安全を考えてバリカンでするのがオススメです。

 

剃り込みスタイル【1】

出典 http://ヘアカタログ.asia/mens/

 

刈り込み初挑戦という人はこのくらいのニュアンスにするといいですよ。

トップの長さと刈り上げの差を大きくして、刈り上げより少し短いくらいに剃り込みを入れます。

 

剃り込みスタイル【2】


出典 http://おしゃれ髪型.xyz/

 

アーチ型に入れるのも個性的ですね。

こんなふうにツーブロックという1つのテクニックを入れるだけで雰囲気が変わるんです。

メンズのヘアスタイルのバリエーションって意外に多いですよね。

参考記事: