男性のセルフカットで欠かせないのがバリカンです。

バリカンというと坊主にするイメージがありますよね。

でもツーブロックなどのおしゃれな髪がにするのにもバリカンは大活躍です。

ツーブロックにしたいときにどんなバリカンを選ぶといいのでしょうか。

バリカンを選ぶ時のポイントとおすすめのメーカーを紹介します。

参考記事:

スポンサードリンク

ツーブロックにするなら
こんなバリカンを選べ!

セルフカットをするときにどんなバリカンを選ぶといいのでしょうか?

まずしたいスタイルに関係なく選ぶといいポイントは2つ!

充電式のコードレス

頭のあっち側を切って、そっち側を切って・・・とするときにやっぱりコードレスが便利です。

ただし充電式だと着る少し前に充電して置かないといけないので、思い付きで切る場合はコードが必要になりますね。

 

水洗いができる

最近は水洗いできるものがほとんどですが、きちんとチェックしておきましょう。

というのも、やっぱり水洗いができるとお手入れが楽です。

お手入れが楽だと使うのも億劫にならない!

お手入れが面倒だとだんだん使うのも嫌になってきて、結構なお金を出して買ったは良いけどあまり使ってない・・・なんてことになりがちです。

その中でツーブロックに合うバリカンはどんなものでしょうか?

 

それは

アタッチメントがたくさんついているタイプです。

 

アタッチメントで選ぶときは10~40mmの段階調整ができるものや、ロング用アタッチメントがついているものにしましょう。

サイドを刈り上げるツーブロックは、サイド用に短めのアタッチメントが必要です。

好みによって刈り上げの長さを変えられるように細かく調整ができることはマスト!

でもそれだけじゃなく、ツーブロックの差をつけるためにトップなどを長めに切る必要もあるんです。

それでロング用アタッチメントも必要なんですね。

参考記事:

スポンサードリンク
 

ツーブロックにおすすめな
バリカンはこれ!

では実際どんなバリカンがいいのでしょうか?

おすすめのものをあげてみました。

フィリップス
デジタルヘアカッター
HC9452/15

 

1mm~42mmまでの調整ができるコーム付きです。

スマホのようにスワイプして長さを調整する電動可動式コームです。

 

なんと0.1mmの微調整が可能。

電動可動式で長さの調整が素早くできるので場所によって細かく長さを変えたいときにも便利です。

コーム・刃は取り外して水洗いすることができます。

 

 

TESCOM
スキカット
TC430

 

もっとシンプルなものが良い!という人はこちらです。

45mm~70mmのスーパーロングアタッチメント、10mm~40mmのロングアタッチメント、刈り込みようの3種類のアタッチメントが付いています。

長めにもカットできるのでツーブロックを入れて、他は長めにするスタイルも作れるのがポイントです。

こちらは本体丸ごと水洗いできるので、お手入れに自信がない人でもOKですね。

ちょっと凝りたい、かっこいいのを使いたいという人はフィリップス、バリカン自体初めてだしとにかく細かいことを気にせず使いたいという人はTESCOMがおすすめです。

 

スタイルだけでなく、バリカンの扱い方のスタンスも考慮して選ぶといいですよ。

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事