子供の髪を切るのって難しいですよね。

小学生ならいくら子供カットが安くても、男の子だと定期的に行かないといけないのでお家カットで済ませたいところです。

それだと時間もお金も節約出来ますね。

でも小学生の男の子の髪型ってどうやって切ればいいのか迷っている方も多いはずです。

そんな方に参考にしてもらえる情報を集めました。

小学生の男の子にぴったりの4種類のヘアスタイルです。

参考記事:

スポンサードリンク

 

ベリーショートにしたい時の切り方

活発元気いっぱいの男の子はすっきりとベリーショートにしたい!

でも丸刈りはちょっと・・・そんなときのおしゃれなベリーショートの切り方です。

出典 https://imgbp.hotp.jp/

 

ポイントはデザインにこだわらず全体的に短くカットすることです。

また切り口を馴染ませようと最初からはさみを縦に入れて切るとなかなか思ったように短くすることができません。

もともと子供のカットでジグザグにそろるのって難しいんです。

それなら最初に長さを揃えてからあとで馴染ませましょう。

切りたい長さの所を指で挟んで出た髪を切ってきます。

頭皮から指2本分、といったふうに決めると長さを揃えられますよ。

その後ぱっつんになっている部分にすきばさみを縦に入れるとジグザグに馴染ませることができます。

くしでかきあげながら全体を切っていきましょう。

切る順番はこちらの動画を参考にしてみてくださいね。


出典 JOEWELLscissors

参考記事:

スポンサードリンク
 

ソフトモヒカンの作り方


出典 エイチ兄さん
が失敗もしないソフトモヒカンの切り方はバリカンで作るの正解です。

バリカンの長さを上にかけて徐々に長くして刈り上げていけばソフトモヒカンになります。

まずは襟足からサイドにかけて6mmで刈り上げてきます。

次に真ん中あたりは9mm、頂点は15mmといったように数ミリ単位で長さを変えていきましょう。

最後はトップの部分をすきばさみで整えて完成です。

参考記事:

スポンサードリンク
 

 

子供もできるツーブロックの切り方


出典 濱田祥利

 

大人の男性でしている人も多いツーブロックは子供でも同じようにできるんです。

子供がする方が気取っている感じがしないのでかわいいですよ。

ツーブロックのポイントはブロッキングと刈り上げる箇所です。

こめかみから耳たぶの上まで弧を描くようラインを取ったらその中を刈り上げます。

そのためにはトップの髪をしっかりブロッキングすることが大切です。

6mmくらいでサイドを刈り上げたら耳の後ろも同じ6mmでバリカンを当てると綺麗に馴染みますよ。

最後は10mmくらいでトップを切るとツーブロックの完成です。

サイドを切っているのでスッキリ見えて男の子らしくなりますよ。

参考記事:

スポンサードリンク
 

ジャニーズ風
おしゃれショートなら
スパイキーショート


出典 羽田卓未

 

かっこかわいいジャニーズにしたいというのは男の子のお母さんの夢ですよね。

ジャニーズヘアーにするには少し長めの襟足ともみあげにしたり、束感を出したりすることが大切です。

そうすると定番のジャニーズスタイルになりますよ。

束感にするコツは束と束の間をしっかり切って、隙間を作ることです。

ジグザグに切ることで長さはあるけど、邪魔にならない小学生らしいスタイルになります。

スパーキーショートだとそんなかっこよさと実用性をそなえたヘアスタイルにできますよ。

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事