セルフカットにおすすめなのがバリカンです。

バリカンというと丸刈りスタイル!というイメージがありますが、今のバリカンはすごいんです。

 

坊主頭をはじめとして色んなヘアスタイルが作れるようになっています。

 

ハサミで作ると思いがちなスタイルもバリカンでできちゃうんです。

そんなセルフカットにはマストアイテムなバリカン。

したいスタイルごとに特徴を押さえたバリカンを選ぶのがおすすめです。

ではスタイルごとにおすすめのバリカンの特徴を見てみましょう。

スポンサードリンク

坊主頭にするときの
バリカンの選び方

大人でも子供でも坊主頭は定番スタイルですよね。

最近は芸能人でも坊主頭のヘアスタイルが多いので人気のスタイルです。

そんな坊主頭にするときのバリカンの特徴はこれです!

 

10mm~3mm以下の
短めアタッチメントが
いくつかついている

坊主頭でもアタッチメントは10mmくらいの長さまでは欲しいところです。

それ以下の長さに微調整ができるアタッチメントが付いているものを選びましょう。

 

坊主頭と言ってもこの長さの調整でかなり印象が変わります。

イメージ通りの坊主スタイルにするためにも微調整は必須ですね。

できれば直刃で剃るのは避けたいところ。

 

特に3mm以下の長さを調整できるアタッチメントが付いていたら最高です。

そんな特徴を考えながら探してみましょう。

詳しいおすすめのバリカンは以下の記事で紹介しています。

参考記事:

 

ツーブロックに
するときに
おすすめのバリカン

サイドを刈り上げたファッショナブルなヘアスタイルであるツーブロックもバリカンで作れちゃいます。

バリカンを選ぶときはツーブロック最大の特徴であるサイドの刈り上げとトップの長さのコントラストを作りやすいものであることが必須です。

坊主と同じくアタッチメントで調整ができるものを選ぶのですが、異なるところがあります。

それが70mmまでのロング用アタッチメントが付いているものを選ぶことです。

ロングアタッチメントがあればトップの部分もバリカンで整えることができます。

ハサミでのセルフカットは素人には難しいですよね。

できればバリカンで全部カットできるのがベストです。

逆に短いものはそんなになくても大丈夫です。

10mmあれば十分です。

ただし、かなりくっきりとしたツーブロックを作りたいなら3mmか6mmがあるといいかもしれません。

詳しい特徴はこちらの記事でも紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

参考記事:

スポンサードリンク
 

赤ちゃんの髪を
カットするときに
おすすめのバリカン

子供の散髪代だってバカになりません。

これこそバリカンでカットしたいですよね。

赤ちゃんのバリカンを選ぶうえで大切なのは2つ。

  1. 安全性
  2. 使いやすさ

です。

安全性は言うまでもありませんが、短くてもきちんと刃を保護するアタッチメントをつけてカットできるものにしましょう。

そして使いやすさとも関係してくるのがコードレスです。

 

赤ちゃんの顔の前でコードを振り回したくないですよね。

それに飽きやすい赤ちゃんのカットはスピードが大切です。

コードレスでさっとカットしましょう。

また色んな機能が付いていると重くなりがちです。

シンプルであっても軽量のものの方が扱いやすいですよ。

そんな赤ちゃんのカットにおすすめのバリカンは、詳しくは以下の記事で紹介しています。

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事