子供にヘアアレンジをしてあげたときに「ママもおそろいの髪型にしよう!」って言われることありませんか?

でもヘアアレンジの解説って人にしてあげているスタイルが多いですよね。

やってみたら、自分でするとなんだかうまくできない、なんてこともあります。

そんなときは練習あるのみ!です。

ここでは三つ編みや編み込みを自分でやるときと子供にやってあげるときどう違うのか、自分で後ろに上手に編んでいくコツを解説します。

スポンサードリンク

自分で三つ編みを作るコツ!
見ないで後ろに編んでみよう

 

自分で後ろに作るときは上から手を伸ばして毛束を持つような形になります。


出典 ロヴェルト Rowelt

 

上手に編んでいきますよね。

ポイントは指で挟んで、指を動かしながら編んでいくことです。

端の毛束を真ん中の毛束の下に入れ込むようにして編んでいきます。

そうすると網目がきれいに見える三つ編みができますよ。

まず髪の毛を三つに分けます。

両サイドの毛束をそれぞれの手で持ったらの毛束を真ん中に持ってきます。

真ん中に持ってきた毛束は左手で持ちます。

このとき元々持っていた毛束と混ざらないようにそれぞれの指で挟むようにして分けて持ちます。

右手を離したらもともと真ん中にあった毛束をもって右に持っていきます。

 

これが一編みです。

今度は左の毛束を真ん中に持ってきて・・・と左右交互に編んでいきましょう。

一つ編むごとに毛束を左右にひっぱってきゅっときつくすると崩れにくくなりますよ。

子供にしてあげる時にはもっと簡単にできます。

 

ただし子供って動いてしまうので三つ編みが難しい!

そんな時にはこの裏技を使いましょう。

【隠しワザ】
三つ編みの後ろが楽になるやり方


出典 URYEE

 

真ん中の毛束をゴムで留めることで編みやすくなります。

少しずつくしでとかして整えながら編んでいきましょう。

三つ編みに指定句をゴムは隠れるので大丈夫ですよ。

ゴムのおかげで編みやすいうえに、さらさらの子供の髪でも崩れにくくなります。

スポンサードリンク
 

自分でできる
基本の編み込みを覚えれば
色んな編み込みアレンジができる!

 

三つ編みよりもさらに複雑な編み込み。

これも自分でやるのはハードルが高いように思えますね。

 

もうこれは練習あるのみ!という部分もあります。

 

また一つの方法としてはスタイリング剤をしっかり使うことです。

スタイリング剤を揉みこむと編んでいるときに髪がまとまりやすくなります。

ハードワックスよりも柔らかめのものにした方が、編み込みのために毛束を分けるのがやりやすくなります。

 

では基本的な編み込みアレンジを見てみましょう。

 

裏編み込み

裏編み込みとは髪を下に入れるようにして編み込んでいく方法です。

そうすると三つ編みがぷくっと浮き上がってかわいくなります。

子供にする場合はサイドなどに編んであげるとかわいいですよ。


出典 hair works &SOL

 

髪を3つに分けたら一度三つ編みをします。

柚木に編むときには周りの毛を少しずつとって毛束に混ぜていきます。

このときに下側に入れるようにすると裏編み込みになります。

 

自分で裏編み込みをするときはこちらの記事を参考にして見てくださいね。

参考記事:

 

指の使い具合がとても参考になりますね。

慣れないうちはサイドで編むと鏡で見ながらできるのでやりやすいですよ。

 

編み込みハーフアップ


出典 http://www.atama-bijin.jp/

編み込みを半分までしてまとめる編み込みハーフアップ。

エレガントな雰囲気になるので大人なら結婚式などおお呼ばれに、子供なら発表会などおめかししたいときにおすすめです。

しかも編み込みアレンジの中ではけっこう手早くできるアレンジなんです。

忙しい朝にもおすすめ♪
編み込みハーフアップ

出典 頭美人

 

自分でするときには最初の編み始めがきちんと真ん中に来るようにしましょう。

ハーフアップなので2~4回くらい編めばOKです。

子供の場合頭が小さいので最初にとる毛束は少なめにして細かく編むようにしましょう。

参考記事:

 

編み込みカチューシャ

カチューシャになるように顔周りを編み込みにする編み込みカチューシャは子供にしてあげると女の子らしいので喜ばれます。

ショートでもできるアレンジとして重宝します。

子供の場合髪が柔らかいのでしっかりワックスを揉みこんでからアレンジしてあげましょう。

これは自分でするアレンジとしてはやりやすいほうですね。


出典 なつましhouse

 

実際にどういう風に自分でできるか細かく説明しているので一緒に動画と一緒にやってみましょう。

自分でするときは手が足りなくなることがあるのでゴムやダッカールを使ってしっかりブロッキングしながらアレンジするといいですよ。

スポンサードリンク
 

編み込みに慣れてきたら
色んな編み込みアレンジを
してみよう

そろそろ編み込みをするのに手が慣れてきたでしょうか?

この編み込みを使って色んなアレンジに応用してみましょう。

 

サイド編み込み


出典 http://www.atama-bijin.jp/

 

編み込みカチューシャができるならこれもできるはず!

サイドだけ編み込みをして耳の後ろで留めます。

留めた部分が目立つならヘアアクセで隠しましょう。


出典 くまみき/Kumamiki

 

子供の場合はショートの子にするとかわいいですよ。

 

編み込みツインテール


出典 https://imgbp.hotp.jp/

 

後ろ編み込みができるならツインテールにアレンジしましょう。

【ヘアアレンジ】
ゆるふわ編み込み
ツインテールのやり方!


出典 きぬちゃんねる

 

編み込みがサイドにくるようにアレンジすると編みやすくなります。

子供の場合は後ろの分け目をジグザグにするとかわいらしくなります。


出典 https://amiienote.jp/

参考記事:

 

リボン編み込み


出典 http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

編み込みを極めるとこのリボン編み込みができるように!

なんて大げさなものではなく編み込みにちょっとワンテク加えるだけなんです。

 

こればかりは編み込みさえできてしまえば自分でするのも子供にするのも変わりません。

まずはサイドを編み込みにしましょう。

 

その後Uピンをうあって毛束を入れ込んでリボンを作っていきます。

たくさん作れば作るほどかわいい!

普通の編み込みに
リボンをつける
編み込みリボン


出典 なつましhouse

 

子供にする場合は小さめのUピンを使うといいですよ。

慣れてしまうと三つ編みも編み込みも見ないでできるようになるものです。

どういう仕組みになっているんだっけ?なんて考えると余計できなくなります。

テレビを見ているとき、音楽を聴いているときなどなんでもない時に練習すると手が覚えてくれますよ。

あわせて読みたい
こちらの記事