ふるゆわの巻き髪ってかわいいですよね。

コテで簡単にできるよって言うけど意外とコテで巻くのって難しい!

ちょうど良いふるゆわにするのもキープするのも難しいんですよね。

かわいいふるゆわ巻きにするコツと失敗しないポイントをみてみましょう。

これでかわいい巻き髪ができると色んなアレンジもできちゃいますよ。

参考記事:

スポンサードリンク

 

ミディアムの
ふるゆわ巻き方をするときのポイント

 

コテを使って巻いていってもうまく出来ない!そんな時は上手に巻くポイントを見直してみましょう。

 


出典 FITS(フィッツ)/札幌 美容室

 

1.カールローションをつける

巻く前にしっかりとスタイリング剤をつけましょう。

そうすることで髪をダメージから守るだけでなく、カールがつきやすくなります。

巻き髪専用のカールローションがいいですよ。

 

2.全体に熱を通す

よく美容師さんやテレビで巻いている時って巻く前にコテで髪を挟んで根本から毛先まですーっと滑らせていますよね。

あれってすごく意味があるんです。

ああして髪全体に熱を当てることでカールがつきやすくなるんです。

また毛先の流れが整うので巻いた後もまとまり感がでてふるゆわだけどボサボサな感じしないように仕上がります。

 

3.しっかりブロッキングする

髪の量にもよりますが細かくブロッキングした方が綺麗に仕上がります。

コテで巻くのになれていない人は特にしっかりとブロッキングしましょう。

まず前髪を取ります。

ちなみにどこまでが前髪か分からなくなることが多々ありますよね。

前髪は眉の幅辺りを目安にすると良いですよ。

次にサイドの髪、耳の上の髪に分けます。

バックは上下左右に4等分にしましょう。

ダッカールでブロッキングするとやりやすいですよ。

準備ができたらあとは巻いていくだけです。

こんな感じに巻くと自然でかわいいふるゆわヘアの完成です。

参考記事:

スポンサードリンク
 

上手に
ふるゆわ巻きをするために
やってしまいがちなNGなこと

こうするといいのかなと思ってやっていたことが失敗の原因になっていることも。

やってはいけないNGなことを知っておきましょう。

 

1.濡れたままでコテをつかう

カールローションを付けた後にはしっかりと乾かしてから巻きましょう。

濡れているとカールが付きにくくなってしまいます。

また乾いている方が良いからと言って何も付けていない髪のままで巻くのも絶対NGです。

カールが付きにくい上に髪のダメージもかなりのものになってしまいます。

 

2.挟んだ向きと逆に巻いてしまう

コテって丸くなっていますよね。

髪を挟んだ後は丸くなっている方向に合わせて巻きましょう。

逆に巻いてしまうとカールの上に折り目が付いてしまいます。

 

3.毛先を巻く

毛先にカールを付けたいからといって毛先ばかり巻いてしまうとダメージの原因に。

髪の真ん中辺りから挟んで巻いてから毛先まで滑らせていきましょう。

滑らせるときにはコテのレバーを少し開けながら滑らせて毛を引っ張らないように気を付けてくださいね。

 

4.高温で一回で巻くようにする

低温で何度も巻くとカールが汚くなってしまいます。

髪を傷めたくないからと低温で何度もやるより高温一発で決めた方がダメージも仕上がりも良いです。

180度くらいがおすすめです。

その場合は巻いたまま放置せずに手早く巻きましょう。

参考記事:

スポンサードリンク
 

ふるゆわ巻く
おすすめのヘアアレンジ

ふるゆわにするとアレンジもしやすくなります。

せっかく綺麗に巻いているのでそれを活かせたアレンジをしましょう。


出典 FITS(フィッツ)/札幌 美容室

ポニーテールにするだけでも毛先のニュアンスが出るのでおしゃれな感じになりますね。

あえて複雑に編んだりねじったりせずにふるゆわなヘアスタイルを楽しみましょう。

ぱっと見は巻き髪って感じはしませんが、巻いているかいないかで印象が全然違いますよね。

こんなさりげないおしゃれふるゆわ巻きを楽しんでみましょう。

参考記事: