ばりばり働く男性のスタイルと言えばオールバックですね。

定番スタイルのオールバックもセットの仕方次第でいろんなスタイルになります。

 

でもオールバックっておじさんっぽくなったり不良っぽくなったりしないか心配ですよね。

そもそも日中セットが崩れてきてしまうことはないのだろうか・・・、なんて思うかも知れません。

 

そうならないためにオールバックのスタイリングのポイントをしっかり覚えておきましょう。

ここではセットのポイントと色んな種類のオールバックを紹介します。

オールバックのポイントをおさえたらあとは好みのスタイルを選んでくださいね。

スポンサードリンク

オールバックの
セット時の
整髪料の使い方


出典 三科光平

 

いわずともながらオールバックのセットに大切なアイテムは「整髪料」ですね。

これをちゃんと使うことで崩れる心配をせずにしっかりセットできます。

 

まず整髪料の種類ですが、オールバックにするなら

しっかり固まるジェルグリースがオススメです。

参考記事:

 

ただし髪が細くて薄い人はジェルを使うと固まりすぎてしまうことも。

そんな時はハードワックスにジェルを少し混ぜて使いましょう。

 

そうするとジェルよりも柔らかく、ワックスよりもキープ力を高められます。

 

そしてなによりツヤ感がでます。

オールバックのポイントはこのツヤ感です。

ワックス派であってもジェルを混ぜてツヤ感を出しましょう。

そして付けすぎには要注意です。

メーカーにもよりますが指で軽くすくうくらいの量でOKです。

 

あまり付けすぎるとツヤ感を通り越して油っぽくなってしまいます。

手にしっかり伸ばして使いましょう。

 

失敗しないようにセットしていて足りないなぁと思えば少しずつ足していってくださいね。

おすすめの整髪料はこちらの記事で紹介しています。

参考記事:

スポンサードリンク

 

おすすめメンズの
オールバックスタイル4選

七三風オールバック


出典 http://otokomaeken.com/

 

ビジネスシーンの定番とも言えるスタイルですね。

でも大人の男性がするとかっこいいですよね。

 

ドライヤーで後ろ向きの毛流れを作りながら七三の形を整えていきます。

トップはふんわりめ、サイドは手で押さえつけながらセットするのがポイントです。

 

スタイリング剤を手に付けて前から後ろにかき上げるようにしてスタイリング剤を付けていきます。

全体に付けたら形を整えて完成です。

 


出典 三科光平

意外と3分でできる時短スタイルなんです。

 

ツーブロック×オールバック

 


出典 CHILL CHAIR

 

ツーブロックスタイルもトップをオールバックにするときちんと感が出ます。

軽く濡らした髪をブラシで後ろに向かってとかしながら乾かします。

 

手にスタイリング剤を付けたら、なでつけるように全体につけます。

最後にブラシで毛流れを整えて完成です。

参考記事:

 

パーマでオールバック


出典 http://www.hair-me-up.com/

 

パーマスタイルでもオールバックにできます。

まずは普段通りにパーマを出すようなブローをします。

 

手で握りながらくしゃくしゃパーマを出しましょう。

その後根元にドライヤーを当てて毛を後ろに倒します。

 

熱を当てたら少し離して冷やす・・・を繰り返してしっかり形状を記憶させます。

ジェルを付けてオールバックをしっかり固めます。

 

最後にジェルが固まる前に毛先を握ってパーマが出るように崩しましょう。

このとき崩すのは根元ではなく毛先にしてくださいね。

パーマの出し方はこちらを参考にどうぞ。


出典 vellgo ヴェルゴ

 

かき上げ前髪風
オールバック


出典 http://otokomaeken.com/

 

オフの時にもできそうな抜け感のあるオールバックです。

オールバックにしつつも毛先を固めないスタイルですね。

 

このスタイリングはドライヤーでしっかりアップバングにすることです。

全体に後ろの流れをつけたら前髪に下から風を当ててふんわりさせます。

 

コテで前髪部分を巻いてふんわり感をプラスしましょう。

 


出典 三科光平
どうでしょうか?

オールバックと言っても色んな顔がありますね。

その日の気分に合わせて色々楽しんじゃいましょう。

参考記事: