誰にでも簡単にエレガントなまとめ髪ができる!

そんなことを聞いてギブソンタックをしてみたけど、どうしてもうまくいかないという女子は多いんじゃないでしょうか。

簡単にできる、と謳われているものって意外と上手にできないものです。

それはちょっとしたコツを知らないから。

そのポイントさえ押さえれば「簡単ってこういうことね!」と思うくらい急にできるようになるんです。

ここでは特に失敗しやすいミディアム・ボブの人のギブソンタックについて考えてみましょう。

どうして失敗してしまうのか、どうすればかわいくできるのか分析してみましょう。

スポンサードリンク

ミディアム・ボブの
ギブソンタックが
失敗してしまう
3つの理由と
きれいに仕上げるポイント

まずはありがちな失敗と解決するポイントはこれです。

ゆるく崩れてしまう

全体を巻いているような後姿がきれいなギブソンタック。


出典 http://static.pinky-media.jp/

 

このサイドのねじりが緩くシニヨンが垂れてしまうことがあります。

対処するには髪を二つに分けてまとめることです。

一つにまとめてくるりんぱをしてシニヨンを作るのではなく、ハーフアップにしてサイドのくるりんぱをきれいに作ってからシニヨンにすると垂れずにまとめることができます。


出典 https://cdn.myreco.asia/

 

いつもこの失敗が多いという人はこういう二段階に分けてまとめるアレンジを選びましょう。

 

シニヨンが出てきてしまう

毛先を丸く入れ込んでシニヨンにしたのに時間がたつにつれ毛束が一束ほろりと落ちてしまう・・・ミディアムの長さだからこそある失敗です。

これは毛先をそのまま丸めていることが原因です、

シニヨンにする毛駄馬の毛先をゴムで結んでから、そのゴムの部分を固定するようにピン止めするとしっかり崩れにくくなります。

 ストレートで
髪がふんわりと
まとまらない

ふわっとした曲線のシェルエットが特徴のギブソンタック。

ストレートヘアの人はできてもなんかかわいくない・・・なんてことが多々あります。

もうこれはアレンジをする前にコテやカーラーで巻いてベースを作るしかありません。

そうするとアレンジがしやすくなりますよ。

スポンサードリンク
 

ミディアム・ボブの
長さでもできる
かわいいギブソンタックの
ヘアアレンジ

 

ではこの長さでどんなアレンジができるか見てみましょう。

プリンセス風
シンプルなギブソンタック


出典 http://static.pinky-media.jp/

 

  1. 髪を低めの位置で一つにまとめます。
  2. ゴムを軽くずらしたらくるりんぱをします。
  3. 毛束を左右にひっぱってきつくしたら、さらにくるりんぱをします。
  4. 毛先が短くなるまでくるりんぱを重ねます。

 

最後毛先が下からでなくなるくらいの長さになったら毛先をゴムで結んでくるりんぱの中に入れ込みピンで留めます。

短めミディアムだからこそできるギブソンタック


出典 https://www.beauty-co.jp/

 

両サイドの髪をねじったら後ろでまとめます。

残っている髪を二つに分けたら毛先をそれぞれゴムで留めます。

毛束をくるくる巻き上げていき、最初のねじっている部分まできたらアメピンで固定します。

もう片方の毛束も同じようにします。

長くなるほどこの巻き上げるのが難しいのでボブくらいだとちょうどやりやすいですよ。

 

編み込みギブソンタック


出典 渡辺義明

 

髪をざっくりと編み込みにしてきます。

編み込む毛がなくなったら毛先まで三つ編みにします。

毛束をくるくると巻いてアップにします。

全体をほぐして整えたら完成です。

全体が三つ編みや編み込みになっているので多少崩れてもきれいになじんでくれるうれしいヘアアレンジです。

これもミディアム・ボブだとちょうどやりやすいですよ。

 

結婚式にもおすすめ
三つ編みカチューシャ×
ギブソンタック


出典 Girls Hair Style.TV

 

サイドの髪をトップから編み込みにしていきます。

耳のあたりまできたら三つ編みにして後頭部にまわる長さまで編んでいきます。

両サイド編んだら後ろで一つにまとめます。

 

残りの髪をアップにして少しずつ三つ編みの中に入れ込んでアメピンで留めていきます。

後ろに結婚式らしいバレッタをつけて髪を巻きいれている部分やピンを隠して完成です。

ミディアムやボブの長さだからこそギブソンタックってやりやすかったりもします。

慣れてくれば色んなヘアアクセをつけたり、三つ編みを足したり・・・自分だけのアレンジができる髪型です。

ぜひ好みのギブソンタックを見つけてくださいね。

参考記事: