ガウチョパンツはどの季節も着られるオールマイティなアイテムですね。

その中でも夏はガウチョパンツのコーディネートを楽しめる季節です。

夏トップスとも相性が良く、締め付け感がないので着ていて涼しい。

見た目・実用性ともに優秀なアイテムです。

ガウチョパンツを色んなスタイルで着こなすポイントは色と丈です。

この2つ変えていけばカジュアルなプライベートコーディネートからオフィスカジュアルまで作っていけます。

では年代別におすすめのコーディネートを見てみましょう。

スポンサードリンク

10代におすすめ
ガウチョパンツ
コーディネート

出典 http://cdn.wimg.jp/coordinate/

 

夏にちょっと挑戦な黒コーディネート。

ガウチョパンツでするとセットアップ風に着られます。

ウェストに挿し色のスカーフと

ゴールドのアクセサリーを使うことでモードなコーディネートの完成です。

 

出典 http://i7.wimg.jp/coordinate/

 

オレンジのトップスに合わせると元気いっぱい夏コーディネートです。

白のロング丈のガウチョパンツはコーディネートがぼやけてしまいがちなので、ストライプ入りがおすすめです。

足元もサンダルで軽やかに仕上げましょう。

 

ピンク

出典 http://cdn.wimg.jp/coordinate/

 

10代にぴったり!ガウチョパンツで作る華コーディネートです。

トップスはショート丈にすることで丈の長いガウチョパンツの目線を上にあげてくれます。

デートにもぴったりですね。

 

20代におすすめ
ガウチョパンツ
コーディネート

カーキー

出典 http://i7.wimg.jp/coordinate/

 

カーキーとスモークピンクって合うんです。

茶色のベルトでこの2つの色をしっかりつなげましょう。

ノースリーブで肩を出しているので、首元は露出控えめ。

大人の装いになります。

 

ネイビー

出典 http://cdn.wimg.jp/coordinate/

 

夏らしいイエローを着るならネイビーのガウチョパンツが合います。

黒と違ってネイビーはコントラストを柔らかくしてくれます。

 

ピンク

出典 http://i7.wimg.jp/

 

柔らかいプリーツ入りのガウチョパンツをスカート風に履けばオフィスにも着ていけるガウチョパンツコーデになります。

シフォントップスを合わせてきれいめスタイルを作りましょう。

スポンサードリンク
 

30代におすすめ
ガウチョパンツ
コーディネート

カーキ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

ブラウスと合わせるとカーキのガウチョパンツもきれいめになります。

カジュアルすぎるスタイルはちょっと・・・・

と思っている30代の女性もエレガントに着こなせますね。

 

ネイビー

出典 http://i7.wimg.jp/

 

花柄トップスと合わせる正統派オフィススタイルです。

ひざ丈を選ぶとこんな風にひざ下スタートと同じように着こなせます。

ガウチョパンツ初挑戦の人はこの丈から入るとコーディネートしやすいですよ。

 

ベージュ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

水色ブラウスとベージュの相性は抜群ですね。

ハイウェストでベルトマークをして目線をしっかり上げましょう。

 

40代におすすめ
ガウチョパンツ
コーディネート

出典 http://i7.wimg.jp/

 

オフの日のお出かけスタイルに良いですね。

トップスはインせずに全体的にゆったりしたシェルエットで着ます。

休日のリラックス感が出ていますね。

 

出典 http://i7.wimg.jp/

 

かっこいいできる女性スタイルを作るなら白のガウチョパンツです。

オフィスの内勤スタイルにもおすすめです。

さっとジャケットを羽織ればきちんとした来客時のビジネス仕様にもなりますよ。

 

ベージュ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

かっこいい系ではなく華スタイルをしたい40代の女性はキャメルベージュのガウチョパンツです。

濃色のトップスと合わせると華やかさが出ます。

ミディアム丈のガウチョパンツなので甘くなりすぎないのも良いですね。

 

大人が着るガウチョパンツコーディネートをメインに集めてみました。

ゆったりカジュアルスタイルの印象が強いガウチョパンツのイメージが変わりますね。

好みに合わせてガウチョパンツのタイプを選んでみましょう。