初心者でも失敗しないスキーやスノーボードに行く時のインナーの選び方

あまいスキーやスノーボードをやらない方にとって

普段と全く違う環境であるスキー場に

どういった服装を着ていけば良いのか?

なかなか分からないかと思います。

こちらの記事では

冬~春の季節別の

インナーをはじめとした

スキーやスノーボードをする時の適した服装について

子供~大人まで共通して対応出来るよう解説しています。

 

スポンサードリンク

 

スキーやスノーボード時の服装選びの注意点

意外と暑くなりがちなスキー場

スキー場に行こうと思った場合

最も注意をするのが『寒さ対策』かと思いますが

初心者の方はそこで気持ち厚めの服装で寒さ対策させる方多いです

 

ただ実際行ってみると分かるのですが

スキーやスノーボード中は激しく身体を動かすので

汗をたっぷりかきます。

 

汗をかいたまま、雪の中にいると

体温を奪われ、低体温症に陥る可能性があるので

薄着は勿論ですが、厚着をし過ぎるのも問題です。

 

インナー選びのポイントは『速乾性』

服装選びでスキーやスノーボードの初心者の方が最も迷うのが

インナー選びかと思います。

 

インナー選びのポイントが

保温性と、汗をかいた時の速乾性が充分に兼ね備えた物を選ぶ事です。

 

そこでオススメのインナーのブランドが

モンベルのジオラインシリーズです!

 

外部リンク:

 

スポンサードリンク
 

 

ユニクロのヒートテックはインナーに使える?

冬のシーズンの日常で、ユニクロで販売されている『ヒートテック』を

インナーで着ている方も多いですが

このヒートテックをスキーやスノーボード時のインナーとして使しても良いのか?

という質問をよく頂きますが。

ユニクロのヒートテック素材はレーヨンが含まれてるので

速乾性の面ではポリエステルに劣るので

ポリエステル製のもう少し速乾性の高いインナーを使う事をおすすめします。

もしどうしてもヒートテックを使いまわしたい場合は

フリースなどあまり着込みすぎない様に注意しましょう!

 

スキーウェアの選び方


出典 スキー用品の専門店 タナベスポーツ

スキーウェアの選び方のポイント

  1. スキーウェアはインナーを着込んだ上で試着し、気持ち大きめのサイズを選ぶ
  2. スキーウェアは裾が太ももにかからない位の長さが丁度良いです
  3. 女性の場合、バストあたりにゆとりのあるウェアを選ぶ
  4. スキーパンツはボタンがヘソの位置にくるように穿いて、裾がカカトの長さになる様に選ぶ
  5. スキーパンツは膝を曲げた時に太ももがキツくならないよう、ゆとりのある物を選ぶ

 

ソックスは必ずスキー専用の物を履く事

インナーなどは、自宅にある普段使っている物を使いまわして頂いても何とかなるのですが

ソックスだけは、スキー専用の物を選ばないと足のつま先冷たくなるので

必ず用意する様にしましょう。

この他に家にないもので用意してあげてほしいのは、ソックスです。

スキーブーツに縫い目が当たらないよう、ハイソックスであることは必須、寒い日などつま先が冷たいとしんどいので、ソックスだけはスキー用の厚手の物を準備してあげてください。
メーカーモノの高価なソックスでなくても大丈夫、娘はアルペンブランドの2足680円を使ってます。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

以上、スキーやスノーボードの初心者さん向けのスキーウェアやインナーの選び方でした!