春の定番コートと言えばトレンチコートです。

ちょっとした形や長さの違い、カラーなどで色んなコーディネートができるお役立ちアイテクです。

ビジネスシーンのイメージが強いですが、もちろんプライベートのオフ仕様にだってなります。

そんなトレンチコートの着こなし方を年齢別に見てみましょう。

参考記事:

スポンサードリンク

 

30代のトレンチコート

プライベート向け

出典 http://lib.shopping.srv.yimg.jp/

 

ショート丈の方がオフ仕様になります。

ショート丈はベルトを着けずにジャケット風に着ると決まります。

どんなファッションにも合うので、出かけに1枚さっと羽織れる便利アイテムです。

 

ビジネスシーン向け

出典 http://shiritai-chimatano-wadai.com/

 

ネイビーのトレンチコートをきりりと着こなすのがかっこいい!

濃色は着ているだけでかっこよく見えるカラーです。

ミドル丈は30代のビジネスシーンに着やすいのでおすすめです。

ベルトを締めてウェストマークをすればすらりとスタイルも良く見えます。

参考記事:

スポンサードリンク
 

40代のトレンチコート

プライベート向け

出典 https://otokomaeken.com/

 

40代のシンプルコーディネートの仕上げにはトレンチコートがハマります。

淡色のトップスとボトムスにプラスすればリラックスコーディネートの完成です。

大き目の襟がアクセントになっていますね。

こういうシンプルなコーディネートの時には柔らかい素材のトレンチコートが合います。

 

ビジネスシーン向け

出典 https://i.pinimg.com/

 

同じ柔らかめのトレンチコートでもベルトをつければビジネス仕様に。

メリハリをつけるためにカラーシャツを合わせると引き締まります。

参考記事:

スポンサードリンク
 

50代のトレンチコート

プライベート向け

出典 http://blog-imgs-42.fc2.com/

 

デニムにトレンチコートという定番のコーディネートですが、ここにストールを投入しましょう。

青系のストールだとデニムとも馴染むので自然に取り入れることができます。

この1アイテムでコーディネートに差を出すことができます。

 

ビジネスシーン向け

出典 https://i2.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/

 

50代におすすめなのはベージュよりもオフホワイトです。

ベージュと同じように落ち着いた雰囲気で着られるのに、若く見えるカラーです。

きっちり硬い素材のものよりも柔らかめにストレートシェルエットのものが良いですね。

その方が50代にしか出せない貫禄が強調されます。

ビジネスシーンからプライベートまで実は万能アイテムのトレンチコート。

ちょっとした着こなしの違いでシーンを使い分けることができます。

お気に入りの1枚を手に入れてトレンチコートを着こなしましょう。

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事