コーディネートの幅を広げるならカーディガンは必須!

おしゃれ女子なら何枚も持っているアイテムです。

きれいめだけでなくカジュアルスタイルもお手の物。

合わせるものによって色んな季節で着まわせたり、素材・色によって季節を演出することだってできちゃいます。

そんなカーディガンをおしゃれに、かわいく着こなしちゃいましょう。

季節ごとに見るカーディガンコーディネートです。

スポンサードリンク

春のカーディガン
コーディネート

ネイビー×
ボウタイシャツ

 

オフィスにもぴったりのストライプボウタイシャツ。

これにネイビーのカーディガンと白ボトムスを合わせれば爽やかコーディネートの完成です。

黒ベルトでウェストにアクセントを入れることで白ボトムスがすっきりと締まります。

足首を出して軽さを出せば春らしいコーディネートになります。

 

ベージュ×
Vネックインナー

出典 https://i.pinimg.com/

 

ロングカーディガンをかっこよく着こなす大人カジュアルです。

Vネックのインナーを着る時には、カーディガンの襟元の形が大切です。

丸首のカーディガンはNGです。

Vのラインを邪魔しないものを選びましょう。

ロングカーディガンのように首元が詰まっていないものがおすすめです。

柔らかめ素材で女性らしさと春らしさを出すことができます。

スポンサードリンク
 

夏のカーディガン

コーディネート

白ボーダー×
デニムスカート

出典 https://i.pinimg.com/

 

クルーネックのカーディガンをノーカラージャケット風に着こなせばタイトスカートとの相性も抜群!

デニムとボーダーのカジュアル感がよく合ってますね。

ちょっとゴージャスなアクセサリーをつけて女性らしさを出しましょう。

外は暑いけど室内は冷房で冷え切る夏。

カーディガンはおしゃれのためだけでなく、実用性としても必須です。

インナーはシフォン素材や薄手も選ぶとカーディガンを着ていても夏らしくなります。

 

黒×透け生地

出典 https://mystyleweb.net/

 

夏には重くなりがちの黒のロングカーディガン。

生地を透け感があるものにすることで一気に夏らしさを出しています。

白のタンクトップにジーンズというボーイッシュな組み合わせですがロングカーディガンを入れることできれいめの雰囲気を出せます。

裾が長いのでヘアスタイルもすっきりまとめるのがおすすめです。

サンダルもカジュアルなもので雰囲気を合わせましょう。

スポンサードリンク
 

秋のカーディガン
コーディネート

グレー×
ロングタイトスカート

出典 http://ud-dx.jp/

 

カーディガンとタイトスカートの組み合わせは定番ですよね。

そこで両方ともロングタイプにしましょう。

ロングカーディガンと黒のロングタイトスカートです。

丈が長いので、色は黒ですっきりさせます。

グレート合わせればモノクロコーデの完成です。

ロング丈でちょっとモードな感じにできますね。

 

ボルドー×ショート丈

出典 http://ファッションレディースコーデ.com/

 

こちらは正反対のショート丈カーディガンです。

ハイウェストのジーンズにインしてきゅっと目線を上にあげましょう。

ボタンを閉じてニット風に着ているので深めのVネックが女性らしさを強調しています。

デニムとのバランスが良いですね。

ファー付きかごバッグで夏から秋に変わる季節感を演出しています。

アクセサリーを足すならパールが秋っぽいエレガントさが出せて良いですよ。

参考記事:

 

冬のカーディガン
コーディネート

アーガイル×白シャツ

出典 https://i0.wp.com/

 

冬と言えばアーガイル柄のカーディガンですね。

アーガイル柄は学生風のコーディネートがかわいいです。

白シャツのボタンを全部留めたらネックレスで大人っぽさをプラス。

ここにスカートを合わせがちですがここはデニムを合わせてカジュアルに仕上げます。

ハットと靴を黒で合わせることでコーディネートをまとめてくれます。

 

ざっくり白ニット×
ショートパンツ

出典 http://i7.wimg.jp/

 

子供っぽくなりがちなショートパンツ。

白のミドル丈のカーディガンと合わせれば大人っぽく着こなせます。

白で全体が明るくなるので他はモノトーンでまとめます。

パールのネックレスが効いていますね。

ブーツはショートブーツを合わせることで足が長く見えますよ。

カーディガンを主役にすることもできれば、カーディガンを足すことでコーディネートを輝かせることもできます。

まさに万能アイテムですね!

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事