着回し力が抜群のカーディガン。

いつものコーディネートにプラスするだけでも一気に印象を変えることができますね。

コーディネートのアクセントにもなるのでおしゃれさんにも人気のアイテムです。

特に色によって季節感を取り入れられるのも嬉しいポイントです。

色んなカラーを合わせてコーディネートを楽しみましょう。

では色別に見るおすすめコーディネート8選です。

スポンサードリンク

春のカーディガン
コーディネート

春のコーディネートにカーディガンは大活躍!

朝晩冷え込む春に必須のスプリングアウターとして着ることもできれば、色で春らしさを出すこともできます。

春に必須の温度調整がしやすいコーディネートを目指しましょう。

ベージュ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

ふんわりシェルエットのカーディガンならアウター代わりに着こなせます。

黒に合わせれば大人のリラックススタイルの完成です。

ゴールドアクセサリーでエレガントさを足しましょう。

 

カーキ

出典 https://rr.img.naver.jp/

 

秋色の印象が強いカーキもピンクと合わせると春の装いになります。

全体的に淡い色を合わせて柔らかい印象を作りましょう。

この2色をじょうずに合わせるには、カーキとピンク、色の濃さを合わせるのがポイントです。

 

ピンク

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

ピンクのカーディガン×花柄ワンピースは女の子スタイルの定番ですね。

黒の花柄、スモーキーピンクなら甘くなりすぎないので大人に着こなせます。

 

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

水色のストライプシャツにデニムを合わせたハンサムなスタイルに女性らしさを足すのが白カーディガンです。

青系×白の色合わせで爽やかに仕上げましょう。

全体がぼやけがちなので太めの黒ベルトでしっかり引き締めるのがポイントです。

スポンサードリンク

 

夏のカーディガン
コーディネート

夏だってカーディガンが欠かせません。

冷房対策としてカーディガンを取り入れたコーディネートをしておきたいものです。

またマンネリになりがちな夏のコーディネートのアクセントにすることもできますよ。

水色

出典 https://i.pinimg.com/

 

意外と着回しがしやす水色。

色味が同じだとたいていの色に合わせられます。

黄色のスカートと合わせれば爽やかなきれいめ華スタイルに。

オフィスの冷房対策に水色のカーディガンが1枚あると便利ですよ。

 

グレー

出典 http://i7.wimg.jp/

 

ボーダーのタンクトップとネイビーのボトムスで作るマリンスタイルは夏の定番コーディネートですね。

そこにカーディガンを肩掛けすることでさらにマリンテイストをプラス。

水兵さん風スタイルになります。

もちろん室内では羽織ってもOK!

ライトグレーが全体を明るく見せてくれるのでおすすめです。

 

ネイビー

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

ブラウスにオフホワイトのコーディネートを引き締めるのがネイビーです。

黒だと堅くなってしまいがち。

そこでネイビーを引き締め色として使うと柔らかい雰囲気にしてくれます。

ロングカーディガンでちょっとけだるい感じを入れれば、大人カジュアルの完成です。

 

出典 http://i7.wimg.jp/

 

カーディガンは羽織るだけじゃなく、ウェストマークにも使えます。

白のオールインワン1枚だとちょっとパッとしないですが、腰に黒のカーディガンを巻くことでメリハリが出ます。

他の小物も黒で統一すれば夏でもモノクロコーデができちゃいます。

カーディガンコーディネートってワンパターンだと思われがちですが、色を変えると色んなスタイルが作れますよね。

カーディガンの丈、デザイン、どうやって取り入れるかでもコーディネートは自由自在。

カーディガンを上手に使いこなすとおしゃれ女子になれますよ。