カジュアルアイテムの印象が強いキャップ。

スポーティーなファッションをする人以外なかなか使わないと思っていませんか?

実はキャップはコーディネート次第で大人女子やきれいめコーディネートにも使えるんです。

大人が使うキャップコーディネートのポイントは「こどもっぽくならない」「女性らしさを出す」、この

つです。

このポイントを押さえると1年中、年代を問わずに着まわせるアイテムに!

そんなキャップのコーディネートを見てみましょう。

スポンサードリンク

春のキャップ
コーディネート

10代×
デニムジャケット

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

パーカーとデニムジャケットを合わせた定番コーディネート。

ここにキャップをかぶるなら女の子らしくデニムのミニ丈スカートにしましょう。

ジャケットとスカート、帽子の色味を合わせることでセットアップコーディネート風になります。

足元は編み上げショートブーツを合わせてガーリーさをさらにプラス。

カジュアルなのに女の子らしいコーディネートです。

 

20代×
オーバーサイズトレーナー

出典 http://i7.wimg.jp/

 

大きめサイズのトレーナーにを着るならボトムスは細身シェルエットでしっかりと引き締めましょう。

このメリハリがオーバーサイズを着ていても華奢に見せてくれます。

キャップにスニーカーというラフなアイテムでもこの華奢シェルエットで女の子らしさを演出。

大人のカジュアルスタイルです。

 

30代×
テーラードジャケット

出典 https://cdn-stylehaus-jp.akamaized.net/

 

ジャケットとキャップなんて違う世界のアイテムな気がしますよね。

そこを着こなすのが大人女子。

ジャケットにダメージジーンズを合わせてカジュアルダウンをさせます。

そうするとキャップがジャケットになじむ!

また黒を選ぶとクールでかっこい印象を作れるのでジャケットの雰囲気にもぴったりです。

デニム以外は黒で統一してかっこよく仕上げましょう。

トップスの詰まりすぎない胸元が女性らしさを強調します。

 

40代×
シャツワンピ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

シャツワンピをロングカーディガン風に着こなすコーディネートです。

黒のキャップをかっこよく合わせたら大人の休日スタイルです。

チェックに淡色のデニムの合わせ方がかわいいですね。

靴とバッグは女性らしい&大人っぽいデザインのものを合わせましょう。

 

夏のキャップ
コーディネート

10代×
ジャンバースカート

出典 https://arine.akamaized.net/

 

ネイビーのジャンバースカートはかわいらしい印象を与えてくれます。

グレーのキャップを合わせればかわいらしさも増します。

ゆったりシェルエットですがキャップをかぶると目線が上にいって全体を引き締めてくれますね。

 

20代×
ダメージジーンズ

出典 https://womagazine.jp/

 

ダメージジーンズにキャップという一見すると男らしいカジュアルな雰囲気になりそうな組み合わせです。

でもじょうずに女性らしく着こなしていますね。

大きめのつばのキャップは小顔効果もアリ。

黒できれいめデザインのものを選べばハットのつばのような感じになります。

クラッチバッグとサンダルのコントラストが夏のお出かけスタイルって感じを出しています。

 

30代×
ニットノースリーブ

出典 http://レディースコーデ.com/

 

ニット素材のノースリーブはきれいめスタイルにも大活躍。

柄スカートで夏らしくしましょう。

グレー×ネイビー×柄の組み合わせが大人っぽくていいですね。

大きめピアスをするとキャップも女性らしくなります。

 

40代×
シフォンスカート

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

黒のトップスにドット柄シフォンスカート。

これにつばのある帽子を合わせるといかにもお嬢様スタイルになってしまいます。

そこでキャップを合わせることで甘さをじょうずに押さえましょう。

濃い色にすると全体的に暗くなってしまい、芸能人のお忍びスタイルみたいになってしまいます。

明るめの色にすると顔周りの印象も明るくなるのでおすすめです。

スポンサードリンク

 

秋のキャップ
コーディネート

10代×MA-1

出典 http://lovegirls.click/

 

キャップとMA-1ジャケットの相性は抜群!

そこにデニムスカートを合わせれば甘辛MIXスタイルの完成です。

ハイウェストにするとスタイルも良く見えますよ。

ハイカットのスニーカーでショートブーツ風にすれば秋らしいコーディネートの完成です。

 

20代×白シャツ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

白シャツとハイウェストのデニムで抜け感のある女性らしいスタイルを作りましょう。

そこにキャップを合わせれば、キャップのカジュアルさが女性らしさをさらに引き出してくれています。

このコーディネートだと、キャップは浅めに被るのがポイントですよ。

 

30代×
Aラインスカート

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

レザージャケットにパーカーを合わせてハードな印象を柔らかくしましょう。

白を合わせると効果的です。

ここにキャップだけだと辛スタイルなのでAラインのふんわりシェルエットのスカートを合わせちゃいましょう。

このアンバランスさが良いですね。

パーカーで明るい印象を1つ入れているのであとは黒で統一させます。

スカートが女性らしいのでレザージャケットを黒で統一させても硬くなりませんね。

 

40代×
レザージャケット

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

こちらはレザージャケットコーディネートらしい合わせ方です。

黒のスキニーパンツでとにかくかっこよく仕上げます。

白のタートルニットを入れることでふんわりとした印象を足すのも忘れずに。

暗くなりすぎないためにキャップも白がおすすめです。

 

冬のキャップ
コーディネート

10代×
ニットワンピ

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

ふんわりしたニットワンピにモコモコアウター。

冬アイテムの素材は着ているだけでかわいらしさを増してくれます。

色の濃さは違いますがニットとキャップをベージュで統一しています。

バッグで引き締め色を足しているのでベージュ×白の合わせでもぼやけすぎません。

 

20代×
ショートパンツ

出典 https://arine.akamaized.net/

 

冬のショートパンツスタイル。

タイツにブーツを履くので生足に抵抗がある人も冬なら気兼ねなく着られます。

ボトムスとほぼ同じ丈のアウターを羽織ると全体の印象が女性らしくなります。

そこに同色のタイツとブーツを合わせると足長効果もありますよ。

 

30代×
チェスターコート

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

きれいめスタイルを作るチェスターコートをキャップと合わせるためのテクが入っています。

まずはパーカーを重ね着で足すことでチェスターコートをカジュアルダウンします。

またキャップを冬素材のものにすることでキャップがきれいめ仕様になります。

こうやってキャップとチェスターコートをじょうずに近づけていますね。

 

40代×
ダウンコート

出典 http://cdn.wimg.jp/

 

防寒対策でも大活躍するロングのダウンコート。

ロングでも軽いので着ていて楽ですよね。

ここに帽子を合わせたいというとき、ニット帽だとなんだか山登りみたいになってしまうことがありますよね。

そこでキャップを合わせましょう。

同じカジュアルアイテムですが、ダウンジャケットと合わせるときれいめアイテムみたいな雰囲気を作れます。

コートの色と同じ黒にすることですっきりとかっこいいスタイルを作れます。

キャップのイメージが変わったのではないでしょうか。

きれいめアイテムに合わせたり、きれいめスタイルを作ったりもできるんですね。